スクリプト実行順設定
Time Manager

タグとレイヤー

Tags and Layers マネージャー により、レイヤータグ を設定できます。これを表示するには、Edit > Project Settings > Tags and Layers を選択します。

説明

Tags は、プロジェクト内にあるオブジェクトを識別するために使用することができるマーカーです( 詳細はタグ を参照してください)。タグリスト下部にある空のエレメントに文字入力するか、サイズを広げる事で、新しいタグを追加することができます。リスト下端からタグを削除すると、サイズは小さくなります。

Sorting Layers は、2D システムのスプライト画像と合わせて使用します。 “sorting” は、異なるスプライトの重なり順を参照します。リストの下段右にある +/- ボタンを使って、ソート用のレイヤーを追加・削除することができます。また、同レイヤー項目の左にあるハンドルをドラッグすることで、その順番を変更することができます。

Layers は、固有の特性を共有するオブジェクトを、Unity 全体を通して使えるグループとしてまとめる方法です (詳細は レイヤー を参照してください)。レイヤーは主として、描画のためのレイキャスティングを、関連するオブジェクトのグループだけに適用するなどの、演算を制限するために使用します。マネージャー上では、最初の8レイヤーはデフォルトで Unity が使用しており、編集できません。ですが、8から31までのレイヤーは、テキストボックスに入力することで名称を変更できます。タグと違い、レイヤーの最大数は増やすことができません。

スクリプト実行順設定
Time Manager