ビデオファイルについて
Terrain (地形) エンジン

ビデオの透明度のサポート

Unity の ビデオクリップVideo Player コンポーネント はアルファをサポートします。アルファとは 透明度 を示すのに使われる標準的な用語です。

グラフィックス用語では、「アルファ」は「透明性」を表すもう 1 つの用語です。アルファは連続値であり、オンまたはオフに切り替えるようなものではありません。

最も低いアルファ値は画像が完全に透明であること (つまり、まったく見えないこと) を意味し、最も高いアルファ値は完全に不透明であること (画像はソリッドであり、後ろにあるものが透けて見えることがありません) を意味します。中間値では画像はある程度透明で、画像と背景の両方を同時に見ることができます。

Video Player コンポーネントは、カメラの前方クリップ面、または遠方クリップ面でコンテンツを再生するときに、グローバルのアルファ値をサポートします。ただし、ビデオにはピクセル単位のアルファ値を設定できます。つまり、ビデオ画像全体で透明度が異なる場合があります。このピクセル単位の透明度の制御は、Unity エディターではなく、画像やビデオ を生成するアプリケーション (NUKEAfter Effects など) で行われます。

Unity はピクセル単位のアルファを持つ 2 種類のソースをサポートします。

Apple ProRes 4444

Apple ProRes 4444 codec は4:4:4:4 イメージソース (アルファチャンネルを含む) 用 Apple ProRes の最高品質版です。ソースビデオと同レベルの視覚的な忠実性を提供します。

Apple ProRes 4444 は OSX でのみサポートされます。OSX だけがネイティブに Apple ProRes 4444 を使用できるプラットフォームだからです。通常は .mov ファイル内にあります。

このコー​​デックを使用するビデオをインポートするとき、 Video Clip インポーターの TranscodeKeep Alpha をチェックして両方のオプションを有効にします。使用しているオペレーティングシステムのビデオ再生ソフオウェアに、ビデオにどのコーデックを使用するかを識別する機能がある場合があります。

Inspector, に表示されたビデオクリップアセット。 Keep Alpha オプション (赤でハイライト) が有効
Inspector, に表示されたビデオクリップアセット。 Keep Alpha オプション (赤でハイライト) が有効

トランスコード中に、Unity によってアルファがカラーストリームに挿入されます。そのため、H.264 と VP8、両方で使用が可能です。

トランスコードの処理を省くと、アセットに ProRes を残します。つまり、ターゲットプラットフォームがコーデックをサポートしなければなりません (詳細は、ビデオファイルの互換性に関するマニュアルを参照してください)。

このコー​​デックは通常は大きなファイルを作るため、ストレージと帯域幅を増加させます。

VP8 を伴う Webm

.webm ファイル形式は VP8 ビデオコーデックと組み合わせると、ネイティブにアルファ情報を持つことができるよう仕様がより精錬されます。つまり、どんなエディタープラットフォームでも、このフォーマットの透明度を持つビデオを読み込むことができます。

Unity がサポートするほとんどのプラットフォームはこれらのファイルをデコードするソフトウェアを実装しているため、このプラットフォームではファイルをトランスコードする必要はありません。

良く知られている例外の 1 つは Android です。このプラットフォームのネイティブの VP8 サポートは透明度をサポートしていません。つまり、トランスコードを可能にする必要があるため、Unity の内部のアルファ表現が使用されます。


  • 2017–05–18 編集レビュー を行ってパブリッシュされたページ

  • 5.6 の新機能

ビデオファイルについて
Terrain (地形) エンジン