アバターの設定
アセットの準備とインポート

マッスルの設定

Unity のアニメーションシステムでは、マッスル を使って様々なボーンの動く範囲を制御することができます。

アバターが適切に 設定 されると、アニメーションシステムはボーンの構造を「理解」し、アバター のインスペクターの Muscles & Settings タブが使用できるようになります。 Muscles & Settings タブを使ってキャラクターの動きの範囲を調整し、視覚的なアーティファクトや自体がオーバーラップすることを避け、自然に見えるようにキャラクターを変形させます。

Muscle Group Preview を使用して、定義済みの変形を使用してキャラクターを操作します。これらは一度に数個のボーンに影響します。 Per-Muscle SettingsAdditional Settings を使用して、ボディーの個々のボーンを調整します。

変形の度合い (DoF)

ヒューマノイド用にアニメーションを変形したい場合は、Additional SettingsTranslate DoF にチェックを入れます。このチェックを外すと、Unity は回転だけを使ってボーンをアニメーション化します。Translation DoF は、Chest、UpperChest、Neck、LeftUpperLeg、RightUpperLeg、LeftShoulder、RightShoulder の各マッスルに使用可能です。

Translate DoF を有効にするとパフォーマンスの要件が増加する場合があります。なぜなら、アニメーションシステムがヒューマノイドアニメーションを再度ターゲットにするために追加処理を実行する必要があるためです。このため、このオプションは、キャラクターのボーンのアニメーション変換がアニメーションに含まれることがわかっている場合にのみ有効にしてください。

アバターの設定
アセットの準備とインポート