アニメーションシステム概要
外部ソースのアニメーション

アニメーションクリップ

アニメーションクリップは、Unity のアニメーションシステムの根幹となる要素のひとつです。Unity では外部ソースからアニメーションをインポートすることが可能で、エディター内でアニメーションウィンドウを使用してアニメーションクリップを1から作成することができます。

外部ソースのアニメーション

例えば、以下のような要素を含んだアニメーションクリップをインポートすることができます。

  • モーションキャプチャスタジオでキャプチャされた人間のアニメーション
  • 3DS Max や Maya などの外部3Dアプリ上でアーティストが1から作成したアニメーション
  • 第三者のライブラリ(Unity のアセットストアなど)のアニメーションセット
  • インポートされた同一タイムラインから切り取られた複数のクリップ
インポートされたアニメーションクリップを Unity のインスペクターウィンドウで表示した例
インポートされたアニメーションクリップを Unity のインスペクターウィンドウで表示した例

Unity上で作成・編集されたアニメーション

Unity のアニメーションウィンドウではアニメーションクリップを作成したり編集したりすることも可能です。これらのクリップでは以下を動かすことができます。

  • ゲームオブジェクトの位置や角度、スケール
  • コンポーネントのプロパティー(素材の色、光の強度、音量など)
  • float、vector、bool の変数を持つ独自のスクリプト内のプロパティー
  • スクリプト内での、関数呼び出しのタイミング
Unity のアニメーションウィンドウを使用して、コンポーネント(ここではポイントライトの強度と範囲)のパラメーターを動かしている例
Unity のアニメーションウィンドウを使用して、コンポーネント(ここではポイントライトの強度と範囲)のパラメーターを動かしている例
アニメーションシステム概要
外部ソースのアニメーション