バージョン管理システム
Unity Cloud Build で GitHub を使用

Unity Cloud Build で Git を使用

Unity Cloud Build は Git リポジトリ (git-scm.com) を参照) でホストされたプロジェクトをサポートします。

URL 構文

Unity Cloud Build がリポジトリに接続するには、GIT サーバーの URL を指定する必要があります。この URL はいくつか形式があるうちの 1 つを使用してください (以下は GitHubbitbucket を使用した例です)。

  • https://github.com/youraccount/yourrepo

  • git://github.com/youraccount/yourrepo.git

  • git@bitbucket.org:youraccount/yourrepo.git

自分にとって、最も使いやすい形式を使用します。すると、Unity Cloud Build は自動的にその URL を適切な形式に書き直します。

Branch

Unity Cloud Build でプロジェクトを設定する場合、ビルドするブランチを指定する必要があります。 ほとんどの Git リポジトリのデフォルトブランチは master ですが、ビルドターゲットごとに異なるブランチを設定することができます。

Project Subfolder

さらに、プロジェクト内のどのフォルダー (または、ディレクトリ) に Unity プロジェクト (具体的には、 AssetsProjectSettings フォルダー) があるかを、Unity Cloud Build に伝える必要があります。プロジェクトファイルの配置は、リポジトリのルートフォルダーである必要があります。そうでない場合は、それらのフォルダーへのパスを Unity Cloud Build に指定する必要があります。パスは、以下のようなものです。 NewGameProject/Src/UnityProject/

Git サブモジュール

プロジェクトにプライベートの Git サブモジュールを使用している場合は、.gitmodules ファイルにある URL が “https://” や “git://” でなく、“git@” 構文を使用していることを確認してください。

以下はその例です。

  • git@github.com:youraccount/yourrepo.git (GitHub 用)

  • git@bitbucket.org:youraccount/yourrepo.git (for Bitbucket)

一般的な Git ホスト

以下の 2 つは、Unity Cloud Build の Git プロジェクトをホストするのによく使用されています。

バージョン管理システム
Unity Cloud Build で GitHub を使用