カスタムイベント
Custom Event スクリプト

Analytics Tracker コンポーネント

Analytics API は、ある状況下で、Analytics Service に自動的にイベントを送信します。また、ユーザー定義のトリガーを使って、カスタムイベントを送信することもできます。これらはすべて、スクリプトで行うのと同様に、エディターで設定できます。

Analytics Tracker コンポーネントを任意のゲームオブジェクトにアタッチして、Analytics API を通してカスタムイベントを送信します。

Analytics Tracker コンポーネント
Analytics Tracker コンポーネント
プロパティー 説明
Event Name カスタムイベントの名を設定します。
Trigger 送信されるイベントの誘引を指定します。詳細は、後述のトリガーに関する説明を参照してください。
パラメーター キー、または、値のリストを設定します。パラメーターデータは静的で、パラメーターデータとして送信する対の文字列を指定するか、または、指定されたゲームオブジェクトにアタッチされた任意のコンポーネントの任意のフィールドで指定します。詳細は、後述のパラメーターの説明を参照してください。

トリガー

Trigger は、イベントを送信する誘引を指定します。

Anayltics Tracker トリガー
Anayltics Tracker トリガー

外部イベント

イベントは、MonoBehaviour ライフサイクルでほとんどの標準的なメソッドを活用できますが、外部ソースからトリガーすることもできます。例えば、External イベントトリガーは、UI Button コンポーネントの Click イベントに (完全にエディター経由で) 関連付けることができます。

Analytics Tracker External イベント
Analytics Tracker External イベント

この例では、 MyAnalyticsTracker と呼ばれるゲームオブジェクトに Trigger タイプが External の Analytics Tracker コンポーネントが設定されています。このボタンコンポーネントは OnClick イベントの AnalyticsTracker.TriggerEvent を発生させてイベントをトリガーできます。

パラメーター

このフィールドを使ってキー、または、値のリストを設定します。パラメーターのデータは、 static で、パラメーターデータとして送信する対の文字列を指定するか、または、指定されたゲームオブジェクトにアタッチされた任意のコンポーネントの任意のフィールドで指定します。

静的パラメーター

静的パラメーター
静的パラメーター

ここでは、パラメータは Static (静的) と指定されています。この例では、キーの名前は name で、値の名前は value です。これらは、いつでも自由に変更することができます。このパラメーターのイベントとともに送信されるデータは、常に同じです。

静的でないパラメーター

静的でないパラメーター
静的でないパラメーター

この画像は、イベントデータとして登録されたパラメーターのリストを表示しています。値は、ユーザーによって定義されたクラスの TestAnalyticsDataObjectboolParameter フィールドに設定され、ExampleGameObject という名前のゲームオブジェクトにアタッチされます。イベントには、イベントが送信されるときのフィールドの中身が含まれます。これは、どんなパブリックフィールドにも設定可能で、文字列、数値、ブール値で解決されます。

カスタムイベント
Custom Event スクリプト