レイヤーベースの衝突検出
グラフィックスリファレンス

OctaneRender

OctaneRender は GPU で促進されたパス追跡レンダラーで、グローバルイルミネーションと現実に忠実なライティングの正確さを備えたフォトリアリスティックな画像を作成します。 Octane は、Unity の標準シェーダーのみをサポートしています。そのため、カスタムシェーダーがある場合、Octane に相当するシェーダーを作成する必要があります。

アセットをデジタルコンテンツ作成 (DCC) ツールから Unity プロジェクトおよびシーンに直接インポートして、リアルタイムの 3D 編集を行うことができます。それから、Unity アセットをタイムラインに配置してシーケンスを作成し、Octane のビューポートを使用してシーケンスをレンダリングすることができます。

OctaneRender は、スペクトルライティング、媒体、マテリアルのためのノードベースのワークフローを提供します。OctaneRender は、エディターでの WYSIWYG 最終レンダリングの Unity のライブパス追跡された物理ベースのレンダリング (PBR) ビューポートをサポートします。

OctaneRender の使用方法や最新パッケージの入手方法については、unity.otoy.com を参照してください。利用の際に役立つように、このパッケージには OctaneRender コミュニティーのサンプルが含まれています。

OctaneRender を使用するには Unity 2017.1 以降、Windows 7+ 、CUDA GPU が必要です ( Hardware Suggestions 参照)。

  • 2017–07–04 限られた 編集レビュー でパブリッシュされたページ
  • Unity 2017.1 の新機能NewIn20171
レイヤーベースの衝突検出
グラフィックスリファレンス