Unity の iOS サポート機能の基本
iOS ビルドプロセスの内側

アカウントセットアップ

手元のiOSデバイス上でビルドをテストするだけなら、フリー版の Apple ID で十分です。ですが、フリー版のオプションには以下のような制限があることに注意してください:ゲームセンターやアプリ内課金のようなサービスを使用することはできません。また、作成したゲームを App Store に上げることはできません。ゲームを配布するには、アップルデベロッパープログラムに登録する必要があります。

  1. まだ Apple ID を持っていないなら、Apple ID のサイト から取得するか、もしくは アップルデベロッパープログラム に登録してください。

  2. 最新の Xcode をインストールします (Mac App Storeにあります)。Xcode は、Apple がOS X、iOS、WatchOS, tvOS 用のソフトウェアの開発のために開発した一連のソフトウェア開発ツールを含む、Mac 独自の統合開発環境 (IDE) です

Xcode に Apple ID を加える

  1. Xcode を開きます。

  2. メニューバーで Xcode > Preferences と選び Preferences ウィンドウを開きます。

  3. ウィンドウの上部にある Accounts を選び、Xcode に加えられた Apple ID の情報を表示します。

  4. ウィンドウの左下にある + をクリックし、Add Apple ID を選択します。

ポップアップウィンドウで Apple ID とパスワードを入力し、リストに加えます。

さらに詳しい情報を見るには、リストで Apple ID を選択します。

Team のセクションにはアップルデベロッパープログラムのすべてのチームのリストがあります。アップルデベロッパープログラムに加入しないフリー版の Apple ID を使っている場合は、自分の名前を使った個人のチームが自動的に作成されます。

Xcode は、プロファイルとデバイスを取得して自動的に証明書を作成します。アップルデベロッパープログラムに入っている場合は、Apple Developer Portal を使ってこれをマニュアルで行うことができます。

Unity の iOS サポート機能の基本
iOS ビルドプロセスの内側