Network Lobby Player
Network Manager HUD

NetworkManager

NetworkManager は、ネットワークゲームの状態を管理することができる高レベルのクラスです。これは、ネットワークの設定や、生成するオブジェクトのためのプレハブ、ゲームの状態に合わせ使用するシーンなどをエディターのインターフェースによって制御することができます。

プロパティーの詳細はNetworkManager を使用するを参照してください。

プロパティー

プロパティー 説明
autoCreatePlayer クライアントに接続したときに自動でプレイヤーを追加するためのフラグ
channels トランスポート層の QoS チャンネル数
client NetworkManager で使用されている現在の NetworkClient
connectionConfig 詳細なカスタムネットワーク設定のデータ
customConfig (より詳細な)カスタムネットワーク設定を使用するためのフラグ
dontDestroyOnLoad シーン間の移動で NetworkManager が破棄されないようにするフラグ
globalConfig 使用するトランスポート層のグローバル設定
isNetworkActive NetworkServer あるいは NetworkClient がアクティブな場合は true
logLevel 出力するネットワークログのレベル
matches 参加できるマッチのリスト
matchHost マッチメーカーのホストアドレス
matchInfo StartServer() や StartClient() が呼び出されたときに使用する MachInfo のインスタンス
matchMaker UMatch のマッチメーカーオブジェクト
matchName 現在のマッチ名
matchPort マッチメーカーのホストポート
matchSize 現在のマッチの最大プレイヤー数
maxConnections サーバーで可能な最大接続数
maxDelay バッファされたメッセージを遅延させる最大時間(秒)
migrationManager NetworkManager で使用されるマイグレーションマネージャー
networkAddress ネットワークに接続するためのアドレス
networkPort listen状態のサーバーと接続を行うために使用されるポート
numPlayers サーバー上のすべての接続で許可されるアクティブプレイヤー数
offlineScene ネットワークがオフラインになったときに切り替えるシーン
onlineScene ネットワークがオンラインになったときに切り替えるシーン
packetLossPercentage ネットワークのシミュレーターが有効なときに追加されるパケットロスの割合
playerPrefab クライアントが接続されたときにプレイヤーをインスタンス化するためのプレハブ
playerSpawnMethod Random を選ぶとランダムに選択した startPositions にプレイヤーを生成します。 Round Robin を選ぶと設定リストの startPositions を循環します。
runInBackground アプリケーションが裏側で実行されていてもプレイヤーが作成されるためのフラグ(デフォルト)
scriptCRCCheck サーバーとクライアント間でスクリプトの CRC チェックを行うためのフラグ
secureTunnelEndpoint XBox Live の接続で使用するエンドポイント
serverBindAddress サーバーにバインドされる IP アドレス
serverBindToIP 特定の IP アドレスにバインドされているかどうかをサーバーに伝えるためのフラグ
simulatedLatency ネットワークのシミュレーターが有効なときに追加されるレイテンシー(ミリ秒)
spawnPrefabs オブジェクト生成するために登録されたプレハブ
startPositions シーン内に配置されている NetworkStartPosition オブジェクトのリスト
useSimulator ネットワーク状態をシミュレーションするためのフラグ
useWebSockets これにより、NetworkServer は通常のトランスポート層接続の代わりに、WebSockets 接続に備えて待機します。
Network Lobby Player
Network Manager HUD