Circle Collider 2D
Polygon Collider 2D

Box Collider 2D

Box Collider 2D コンポーネントは 2D 物理挙動で使用するコライダーです。コライダーの形状は四角形であり Sprite の位置、幅、高さを スプライト のローカル座標空間で指定します。四角形は軸に沿って位置し、四角形の辺はローカル空間の X 軸、または Y 軸に対して平行です。

プロパティー 説明
Density Density を変更すると、オブジェクトが関連する Rigidbody 2D の質量に影響します。値を 0 に設定すると、関連する Rigidbody 2D は、重心計算を含めすべての質量計算で Collider 2D を無視します。このオプションは、関連する Rigidbody 2D コンポーネントで Use Auto Mass を選択しているときのみ可能です。
Material 摩擦や弾性など衝突の種類を定義する Physics マテリアル。
Is Trigger このボックスをチェックすると、Box Collider 2D はトリガーになります。
Used by Effector このボックスをチェックすると、Box Collider 2D はアタッチした Effector 2D コンポーネントによって使用されます。
Used by Composite このボックスをチェックすると、Box Collider 2D はアタッチした Composite Collider 2D によって使用されます。

Used by Composite を有効にすると、Box Collider 2D コンポーネントの他のプロパティーが 非表示になります。なぜなら、それらはアタッチした Composite Collider 2D によって制御されるようになるからです。Box Collider 2D から非表示になるプロパティーは Density, Material, Is Trigger, Used By Effector, Edge Radius です。
Auto Tiling 選択したスプライトの Sprite Renderer コンポーネントで Draw ModeTiled に設定してある場合は、このボックスをチェックします。これにより、 Collider 2D の形状を自動的に更新するようになります。つまり、スプライトの寸法が変わると、Collider 2D の形状も自動的に調整されます。Auto Tiling が有効でない場合は、Collider 2D のジオメトリは自動的に繰り返しを行いません。
Offset Collider 2D ジオメトリのローカルのオフセットを設定します。
Size ローカル空間でのボックスのサイズを設定します。
Edge Radius 端の半径を制御します。そのため、頂点は円状になります。結果として、角が丸く出っ張っている大きめのCollider 2D になります。この設定のデフォルト値は 0 (半径の値無し) です。
Circle Collider 2D
Polygon Collider 2D