Slider
Dropdown

Scrollbar

Scrollbar は、全体を見るには大きすぎる画像やそのほかのビューをユーザーがスクロールできるようにします。よく似た Slider はスクロールよりも数値を選択するのに使用されることに注意してください。身近な例では、垂直 Scrollbar はテキストエディターの横に、垂直・水平がペアの Scrollbar は大きな画像やマップの一部を表示するのに含まれています。

スクロールバー
スクロールバー

プロパティー

プロパティー 説明
Interactable このコンポーネントが入力を受け付けるかどうか Selectable 基底クラス を参照してください。
Transition ユーザーのアクションに対して視覚的な反応の仕方を決定するプロパティーです。詳しくは遷移オプション を参照してください。
Navigation 制御の一連の流れを決定するプロパティーです。詳しくは ナビゲーション操作 を参照してください。
Fill Rect 背景領域で使用されるグラフィック
Handle Rect スライドする「ハンドル」部分に使われるグラフィック
Direction ハンドルがドラッグされたとき Scrollbar の値が増加する方向 オプションには Left To Right, Right To Left, Bottom To Top, Top To Bottom があります。
Value Scrollbar の初期位置の値 0.0 から 1.0 までで表される。
Size Scrollbar 内のハンドルを少数で表したサイズ 0.0 から 1.0 までで表される。
Number Of Steps Scrollbar によって許可されている個別のスクロール位置の数

イベント

プロパティー 説明
On Value Changed Scrollbar の現在の値が変更されたときに呼び出される UnityEvent イベントは ’float’型のダイナミック引数として値を送信することができます。

説明

Scrollbar の値は両極端の間で少数とされる値に伴う長さに沿ったハンドルの位置によって決定されます。例えば、デフォルトの左から右にスライドするバーは左端では 0.0 の値を、右端では 1.0 を取り、0.5 では中間点になります。スクロールバーは Direction プロパティーで Top To BottomBottom To Top を選ぶことにより垂直の方向付けを行うことができます。

Scrollbar と、よく似た Slider の重要な違いは Scrollbar のハンドルは有効なスクロール距離を表すためにサイズを変更することができるということです。ビューが短い距離しかスクロールできない場合、ハンドルはバーのほとんどを満たし、いずれの方向もわずかな移動のみできるようにします。

Scrollbar には、ユーザーがハンドルをドラッグするのに反応する On Value Changed というイベントが 1 つあります。現在の値は ‘float’ パラメーターとしてイベント関数に渡されます。スクロールバーの典型的な使用例は次のとおりです。

  • テキストの一部を垂直方向にスクロール。
  • 水平方向にタイムラインをスクロール。
  • 組み合わせて使用されるもので、大きな画像の拡大された部分を見る為に、水平・垂直の両方にスクロールするものがあります。拡大度合い、それに伴ったスクロール可能な距離を示す為にハンドルの大きさが変化する。
Slider
Dropdown