WebGL のカーソルロックとフルスクリーンモード
iOS

WebGL での入力

ゲームパッドとジョイスティックのサポート

HTML5 Gamepad API をサポートしているブラウザでは WebGL でゲームパッドとジョイスティックを使用できます( Input クラスを使用します)。 ブラウザ互換表 を確認してください。

ブラウザはコンテンツが再生されている間に接続したデバイスにのみアクセスできるかもしれないことに気を付けてください。これは接続されたデバイスをブラウザ・フィンガープリント目的で使用するのを避けるためのセキュリティ上の処置です。そのような理由で、接続されているデバイスを Input.GetJoystickNames() で確認する前にデバイスのボタンを押してもらうよう、ユーザーへと確実に指示を出すべきです。

タッチサポート

Unity WebGL は今のところモバイルデバイスを 公式的にはサポートしていませんが、Input.touches とそれに関連する API はブラウザとタッチをサポートするデバイスに実装されています。これは Input.acceleration も同様です。

キーボード入力とフォーカスの操作

デフォルトでは Unity WebGL は WebGL キャンバスがフォーカスされているかに関係なく、ページに送信されるすべてのキーボード入力を処理します。ユーザーがキャンバスをクリックしてフォーカスしなくてもすぐにキーボードベースのゲームを遊び始められるよう、このようになっています。しかし、この仕様はそのページにテキストフィールドなどのキーボード入力を受け取る HTML 要素が他にあった場合は問題になる可能性があります。 Unity はページにある他の要素より先に入力イベントを消費するためです。ほかの HTML 要素がキーボード入力を受け取れるようにしたければ WebGLInput.captureAllKeyboardInput プロパティーを使用して挙動を変更できます。

WebGL のカーソルロックとフルスクリーンモード
iOS