VR Audio Spatializers
Unity にコントリビュートする方法

オープンソースリポジトリ

Unity はカスタマーやユーザーとより深く関わるために Unity のオープンソースコンポーネントを開始することにしました。ソースへのアクセスによって得られる安全性や柔軟性のすべてを提供したいと思っています。

Unity は、いつでも共同参加やコミュニティーの発展を歓迎しています。そのことは、オープンソースを始めるにあたって、私たちが望み期待していることです。以前ではなしえなかった方法で、コミュニティーが Unity を発展させることでしょう。

Unity リポジトリ

Unity にコントリビュートする場合は、内部的に使用することが多いため、Bitbucket を使用してシンプルに管理することをお勧めします。Unity には多くのオープンソースリポジトリがあり、開発者が Unity の使用をサポートしています。

http://bitbucket.org/Unity-Technologies/

Unity の最も新しいリポジトリで、主に UnityUI チームと R&D Content チームが使用しています。5.3 Memory Profiler などの中心的な R&D プロジェクトの一部は最終的に、ここに置かれています (主に、開発者の希望により)。

https://github.com/Unity-Technologies

This is our oldest repository, where some of our core R&D projects keep their open-source work. Key projects include Unity’s fork of Mono (the C# runtime), and Katana (our build/CI system). Much of the tech used for WebGL, such as Emscripten, is also hosted here.

https://github.com/unity3d-jp

Unity Japan の R&D と Evangelism チームが使用しています。それらのチームのデモプロジェクト、プロトタイプ、サイドプロジェクトが収められています。発表予定のアセットバンドルをビルドするための Asset Graph システム、Unity で効果的にスレッドを使用する方法を紹介したデモプロジェクト、Unity Ads の使用法を紹介したプロジェクトなど興味深いプロジェクトが含まれています。

Unity の開発へのコントリビュートについて詳しくは、Unity にコントリビュートする方法 を参照してください。


  • 2018–03–19 限られた 編集レビュー で修正されたページ

  • MonoDevelopは2018.1以降のVisual Studioに置き換えられました

VR Audio Spatializers
Unity にコントリビュートする方法