Editor Analytics
Unity での IME

アップデートのチェック

Unity はアップデート可能かチェックします。Unity 起動時か、メニュー項目の Help->Check for Updates 選択時に行われます。このアップデートチェックは、現在の Unity の改訂番号 (About Unity ダイアログでバージョン名の後に括弧内に表示される 5 桁の番号) をアップデートサーバーに送信し、そこで、最新のリリースバージョンと比較されます。Unity の新しいバージョンが利用できる場合、以下のダイアログが表示されます。

Unity の新しいバージョンがダウンロードできる場合に表示されるウィンドウ。
Unity の新しいバージョンがダウンロードできる場合に表示されるウィンドウ。

使用中のバージョンが最新の場合、以下のダイアログが表示されます。

Unity が最新のバージョンに更新される際に表示されるウィンドウ。
Unity が最新のバージョンに更新される際に表示されるウィンドウ。

Download new version ボタンをクリックすると、新しいバージョンをダウンロードできる Web サイトに移動します。

アップデートチェックの頻度

サーバーからの応答には、いつ次のアップデートチェックを行うかを示す間隔も含まれます。これにより、Unity がアップデートの利用を期待していない場合に、アップデートチェックの頻度を下げることができます。

バージョンアップデートのスキップ

プロジェクトの最中で、Unity の新しいバージョンにアップデートしたくない場合があるでしょう。Unity エディターアップデートチェックダイアログで、Skip this version ボタンを押すと、Unity はこのアップデートに関して無視します。

アップデートチェックの無効化

アップデートのチェックを無効にはできません。ダイアログの Check For Updates チェックボックスは、Unity 起動時に (利用できる場合) アップデートの通知を行うかを制御します。Check for Updates オプションのチェックを外していても、メニュー項目の Help->Check for Updates メニュー項目を使用することで、アップデートのチェックができます。


Editor Analytics
Unity での IME