CollisionModule

struct in UnityEngine

マニュアルに切り替える

説明

Collision モジュールのスクリプトインターフェース

変数

bounce衝突した後にそれぞれのパーティクルにどれだけ力を加えるか。
bounceMultiplierChange the bounce multiplier.
colliderForceHow much force is applied to a Collider when hit by particles from this Particle System.
collidesWithこのパーティクルシステムがどのレイヤーと衝突するか管理します。
dampen衝突した後にそれぞれのパーティクルがどれだけ失速するか。
dampenMultiplierChange the dampen multiplier.
enabledCollision モジュールの有効/無効を切り替えます。
enableDynamicCollidersworld collsion mode を使用している場合、パーティクルと動的なコライダーを衝突させます。
lifetimeLoss衝突した後にパーティクルの生存時間をどれだけ減らすか。
lifetimeLossMultiplierChange the lifetime loss multiplier.
maxCollisionShapesパーティクルの衝突で考慮される衝突形状の最大数。余剰分の形状は無視されます。テレインが優先されます。
maxKillSpeed衝突した後に、この閾値を上回る速度のパーティクルを消去します。
maxPlaneCountコライダーとして設定できる平面の最大数
minKillSpeed衝突した後に、この閾値を下回る速度のパーティクルを消去します。
mode2D と 3D 空間のどちらで衝突させるかを選びます。
multiplyColliderForceByCollisionAngleIf true, the collision angle is considered when applying forces from particles to Colliders.
multiplyColliderForceByParticleSizeIf true, particle sizes are considered when applying forces to Colliders.
multiplyColliderForceByParticleSpeedIf true, particle speeds are considered when applying forces to Colliders.
qualityシーンのコライダーに対するパーティクル衝突の正確さを指定します。
radiusScale衝突処理の前にパーティクルそれぞれの大きさに適用される乗数
sendCollisionMessages衝突コールバックメッセージを送ります。
type実行するパーティクルの衝突タイプ
voxelSizeコリジョンキャッシュのボクセルサイズ

Public 関数

GetPlaneこのパーティクルシステムと紐づいている衝突平面を取得します。
SetPlaneこのパーティクルシステムと衝突させる平面を設定します。