EditorUtility

class in UnityEditor

マニュアルに切り替える

説明

Editor API のユーティリティ関数

Static 変数

scriptCompilationFailedTrue if there are any compilation error messages in the log.

Static 関数

ClearProgressBarEditorUtility.DisplayProgressBar で表示されているプログレスバーを削除します
CollectDeepHierarchy渡した各オブジェクトの階層下にあるすべてのオブジェクトを取得します。
CollectDependencies roots に依存するすべてのアセットを計算し、取得します
CompressCubemapTextureCompress a cubemap texture.
CompressTextureテクスチャを圧縮します
CopySerializedObject のすべての設定をコピーします
CopySerializedIfDifferent差異がある場合は、Object のすべての設定を 2番目の Object にコピーします
CreateGameObjectWithHideFlags HideFlags と特定のコンポーネントをアタッチしたゲームオブジェクトを作成します
DisplayCancelableProgressBarキャンセルボタンのあるプログレスバーを表示します
DisplayDialogモーダルダイアログを表示します
DisplayDialogComplex3 つボタンのモーダルダイアログを表示します
DisplayPopupMenuポップアップメニューを表示します。
DisplayProgressBarプログレスバーを表示/更新します
ExtractOggFileAudioClip や MovieTexture をファイルとして保存します
FocusProjectWindow全面にプロジェクトウィンドウを表示し、フォーカスを当てます。
FormatBytesバイト数をフォーマットされた状態の文字列として取得します
GetObjectEnabledオブジェクトが有効かどうか( 0 は無効、1 は有効、-1 は有効/無効状態が存在しません)
InstanceIDToObjectインスタンス ID をオブジェクト参照へと変換します
IsPersistentオブジェクトがディスク上に保存されているかを確認します
NaturalCompareアルファベットソートのようなもの
OpenFilePanel"open file"ダイアログを表示し、選択されたパスを取得します
OpenFilePanelWithFilters"open file"ダイアログを表示し、選択されたパスを取得します
OpenFolderPanel"open folder"ダイアログを表示し、選択されたパスを取得します
SaveFilePanel"save file"ダイアログを表示し、選択されたパスを取得します
SaveFilePanelInProjectプロジェクトのアセットフォルダーから始まる"save file"ダイアログを表示し、選択したファイルのパス名を取得します
SaveFolderPanelプロジェクトのアセットフォルダーから始まる"save folder"ダイアログを表示し、選択したファイルのパス名を取得します
SetDirty target のオブジェクトをダーティとしてマークします(シーンに含まれないオブジェクトだけに使うのが適切です)。
SetObjectEnabledオブジェクトの無効/有効を設定します
SetSelectedRenderStateSet the Scene View selected display mode for this Renderer.
UnloadUnusedAssetsImmediate使用していないアセットをアンロードします