Rect

struct in UnityEngine

マニュアルに切り替える

説明

x、y、width、height 変数によって定義される 2 次元範囲です。

Unity uses a number of 2D coordinate spaces, most of which define X as increasing to the right, and Y increasing upwards. The one exception is in the GUI and GUILayout classes, where Y increases downwards.

The following examples are illustrated in GUI space, where (0,0) represents the top-left corner and Y increases downwards.

Rectangles can be specified in two different ways. The first is with an x and y position and a width and height:



The other way is with the X and Y coordinates of each of its edges. These are called xMin, xMax, yMin and yMax:



Note that although x and y have the same values as xMin and yMin, they behave differently when you set them. Setting x or y changes the position of the rectangle, but preserves its size:



Setting any of xMin, xMax, yMin and yMax will resize the rectangle, but preserve the position of the opposite edge:



See Also: GUI Scripting Guide, Camera.rect, Camera.pixelRect.

Static 変数

zeroShorthand for writing new Rect(0,0,0,0).

変数

center矩形の中心座標
height矩形の高さ(位置 Y から計測)
max矩形の最大隅の座標
min矩形の最小隅の座標
position矩形のX、Y位置
size矩形の幅と高さ
width矩形の幅(位置 x から計測)
x矩形のX座標
xMax矩形の最大 X 座標
xMin矩形の最小 X 座標
y矩形のY座標
yMax矩形の最大 Y 座標
yMin矩形の最小 Y 座標

コンストラクタ

Rect新しい矩形を作成します。

Public 関数

Contains X と Y の point が Rect 内にある場合は true を返します もし allowInverse が true の場合、Rect の width と height が負の値でも動作するようになります(例えば最小値が最大値を超えてしまう場合)。
Overlaps他の矩形がこの矩形に重なっている場合、true を返します allowInverse が存在し、かつ true である場合、Rect の width と height は負数(つまり、最小値 が 最大値 よりも大きい)を取ることができ、判定は依然として動作します。
Set既存の Rect コンポーネントを設定します
ToStringこの Rect を適切にフォーマットした文字列を返します

Static 関数

MinMaxRect最小/最大の値か Rect クラスを作成します
NormalizedToPoint正規化座標を指定して長方形内部の位置を返します
PointToNormalizedポイントに対応する正規化座標を返します

Operator

operator ==矩形が同じであれば true を返します