PlayerSettings

class in UnityEditor

/

継承:Object

マニュアルに切り替える

説明

PlayerSettings では Unity で最終的にビルドするゲームについてのさまざまなパラメータを定義します。ここで設定する値のいくつかはスタンドアロンゲーム実行時の解像度ダイアログに使用されます。

Static 変数

accelerometerFrequency加速度計の更新頻度
actionOnDotNetUnhandledException.NET の UnhandledException によるクラッシュ時の挙動を設定します。
advancedLicenseアドバンスバージョンを使用しているか。
allowedAutorotateToLandscapeLeft画面の左側を上とした横向きへの自動回転をサポートするか。
allowedAutorotateToLandscapeRight画面の右側を上とした横向きへの自動回転をサポートするか。
allowedAutorotateToPortrait縦向きへの自動回転をサポートするか。
allowedAutorotateToPortraitUpsideDown上下逆の縦向きへの自動回転をサポートするか。
allowFullscreenSwitch有効にすると、ユーザーが OS 固有のキーボードショートカットを使用してフルスクリーンとウィンドウモードを切り替えられるようになります。
allowUnsafeCodeAllow 'unsafe' C# code code to be compiled for predefined assemblies.
aotOptions追加の AOT コンパイルオプションです。 AOT プラットフォームで共有されます。
applicationIdentifierThe application identifier for the currently selected build target.
bakeCollisionMeshesプレイヤービルドのコリジョンメッシュを事前にベイクします。
bundleVersioniOS と Android プラットフォームで共有される、アプリケーションのバンドルバージョン
captureSingleScreenフルスクリーンのゲームでセカンダリディスプレイを暗くするか定義します。
colorSpace現在のプロジェクトのレンダリングカラースペースを設定してください。
companyName会社名
cursorHotspotDefault cursor's click position in pixels from the top left corner of the cursor image.
defaultCursorThe default cursor for your application.
defaultInterfaceOrientationモバイルでのスクリーン方向の初期設定
defaultScreenHeightスタンドアロンプレイヤーウィンドウのデフォルト縦向きサイズ
defaultScreenWidthスタンドアロンプレイヤーウィンドウのデフォルト横向きサイズ
defaultWebScreenHeightWeb プレイヤーウィンドウのデフォルト縦向きサイズ
defaultWebScreenWidthWeb プレイヤーウィンドウのデフォルト横向きサイズ
displayResolutionDialogアプリケーション起動時の解像度ダイアログの挙動を定義します。
enable360StereoCaptureEnable 360 Stereo Capture support on the current build target.
enableCrashReportAPICrashReport API を有効にします。
enableFrameTimingStatsEnable frame timing statistics.
enableInternalProfiler内部プロファイラーを有効にします。
enableMetalAPIValidationEnables Metal API validation in the Editor.
forceSingleInstanceスタンドアロンプレーヤーが1つ以上は立ち上がらないように制限します。
fullScreenModePlatform agnostic setting to define fullscreen behavior. Not all platforms support all modes.
gpuSkinning使用できるプラットフォーム上で、 GPU スキニングを有効にします。
graphicsJobModeSelects the graphics job mode to use on platforms that support both Native and Legacy graphics jobs.
graphicsJobsグラフィックスジョブ(マルチスレッドレンダリング)を有効にします。
keyaliasPassAndroid アプリケーションを署名するのに使用される鍵のパスワード
keystorePassAndroid Keystore と相互干渉するパスワード
legacyClampBlendShapeWeightsDefines whether the BlendShape weight range in SkinnedMeshRenderers is clamped.
logObjCUncaughtExceptionsObjC の UncaughtException をログ出力するか。
macRetinaSupportEnable Retina support for macOS.
MTRenderingマルチスレッドレンダリングを有効にするか。
muteOtherAudioSourcesStops or allows audio from other applications to play in the background while your Unity application is running.
preserveFramebufferAlphaWhen enabled, preserves the alpha value in the framebuffer to support rendering over native UI on Android.
productName商品名
protectGraphicsMemoryプロテクトグラフィックメモリ
resizableWindowスタンドアロンプレイヤービルドでウィンドウのサイズ変更を可能にします。
resolutionDialogBanner解像度ダイアログウィンドウで表示する画像
runInBackground有効にすると、ゲームはフォーカスが外れても実行を続けます。
scriptingRuntimeVersionThe scripting runtime version setting. Change this to set the version the Editor uses and restart the Editor to apply the change.
statusBarHiddenReturns if status bar should be hidden. Supported on iOS only; on Android, the status bar is always hidden.
stereoRenderingPathActive stereo rendering path
stripEngineCodeビルドから使用されていないエンジンコードを削除します(IL2CPP のみ)。
stripUnusedMeshComponents使用されていない Mesh コンポーネントをゲームビルドから削除するか。
use32BitDisplayBuffer32 ビット Display Buffer を使用します。
useAnimatedAutorotationデバイスの向きの変更に合わせて OS がスクリーンを自動回転させます。
useHDRDisplaySwitch display to HDR mode (if available).
useMacAppStoreValidationMac の Apple Store 用にバリデーションの受領を有効にする。
usePlayerLogデバッグ情報とともにログファイルを記述します。
virtualRealitySplashScreenVirtual Reality 特有のスプラッシュスクリーン
virtualRealitySupportedEnable Virtual Reality support on the current build target.
visibleInBackgroundWindows で Fullscreen Windowed モードが使用されている場合、アプリケーションをバックグラウンドで表示します。
vulkanEnableSetSRGBWriteEnables Graphics.SetSRGBWrite() on Vulkan renderer.
xboxEnableAvatarXbox 360 Avatar

Static 関数

GetAdditionalIl2CppArgsIL2CPP build arguments.
GetApiCompatibilityLevelGets .NET API compatibility level for specified BuildTargetGroup.
GetApplicationIdentifierGet the application identifier for the specified platform.
GetArchitectureGets the BuildTargetPlatformGroup architecture.
GetAvailableVirtualRealitySDKsReturns a list of the available Virtual Reality SDKs that are supported on a given BuildTargetGroup.
GetDefaultScriptingBackendReturns the default ScriptingImplementation used for the given platform group.
GetGraphicsAPIsビルドプラットフォームで使用されるグラフィックス API を取得します。
GetIconsForTargetGroup特定のプラットフォームに設定されているアイコンのリストを取得します。
GetIconSizesForTargetGroup指定したプラットフォーム用のアイコンサイズのリストを取得します
GetIl2CppCompilerConfigurationGets compiler configuration used when compiling generated C++ code for a particular BuildTargetGroup.
GetIncrementalIl2CppBuildDoes IL2CPP platform use incremental build?
GetManagedStrippingLevelReturns the ManagedStrippingLevel used for the given platform group.
GetMobileMTRenderingCheck if multithreaded rendering option for mobile platform is enabled.
GetPlatformIconsReturns the list of available icon slots for the specified platform and kind.
GetPlatformVuforiaEnabledGets the current value of the Vuforia AR checkbox in the Player Settings for the specified buildTargetGroup.
GetPreloadedAssetsReturns the assets that will be loaded at start up in the player and be kept alive until the player terminates.
GetScriptingBackendGets the scripting framework for a BuildTargetPlatformGroup.
GetScriptingDefineSymbolsForGroup指定したビルドターゲットグループのスクリプトコンパイル用ユーザー指定シンボルを取得します。
GetStackTraceLogTypeスタックトレースログ出力オプションを取得します。
GetSupportedIconKindsForPlatformRetrieve all icon kinds supported by the specified platform.
GetUseDefaultGraphicsAPIsビルドプラットフォームが自動グラフィック API 選択を使用するか
GetVirtualRealitySDKsGet the List of Virtual Reality SDKs for a given BuildTargetGroup.
GetVirtualRealitySupportedReturns whether or not Virtual Reality Support is enabled for a given BuildTargetGroup.
HasAspectRatio指定されたアスペクト比を有効にできるかどうか確認します
SetAdditionalIl2CppArgsIL2CPP build arguments.
SetApiCompatibilityLevelSets .NET API compatibility level for specified BuildTargetGroup.
SetApplicationIdentifierSet the application identifier for the specified platform.
SetArchitectureSets the BuildTargetPlatformGroup architecture.
SetAspectRatio特定のアスペクト比率を有効にします。
SetGraphicsAPIsSets the graphics APIs used on a build platform.
SetIconsForTargetGroupアイコンのリストを指定したプラットフォームに割り当てます。
SetIl2CppCompilerConfigurationSets compiler configuration used when compiling generated C++ code for a particular BuildTargetGroup.
SetIncrementalIl2CppBuildSets incremental build flag.
SetManagedStrippingLevelSets the managed code stripping level for specified BuildTargetGroup.
SetMobileMTRenderingEnable or disable multithreaded rendering option for mobile platform.
SetPlatformIconsAssign a list of icons for the specified platform and icon kind.
SetPlatformVuforiaEnabledSets the value of the Vuforia AR checkbox in the Player Settings for the specified buildTargetGroup.
SetPreloadedAssetsAssigns the assets that will be loaded at start up in the player and be kept alive until the player terminates.
SetScriptingBackendSets the scripting framework for a BuildTargetPlatformGroup.
SetScriptingDefineSymbolsForGroup指定したビルドターゲットグループのスクリプトコンパイル用ユーザー指定シンボルを設定します。
SetStackTraceLogTypeSet stack trace logging options. Note: calling this function will implicitly call Application.SetStackTraceLogType.
SetUseDefaultGraphicsAPIsビルドプラットフォームが自動グラフィック API 選択を使用するか。
SetVirtualRealitySDKsSet the List of Virtual Reality SDKs for a given BuildTargetGroup.
SetVirtualRealitySupportedSets whether or not Virtual Reality Support is enabled for a given BuildTargetGroup.

継承メンバー

変数

hideFlagsShould the object be hidden, saved with the Scene or modifiable by the user?
nameオブジェクト名

Public 関数

GetInstanceIDオブジェクトのインスタンス ID を返します
ToStringReturns the name of the GameObject.

Static 関数

Destroyゲームオブジェクトやコンポーネント、アセットを削除します
DestroyImmediateDestroys the object obj immediately. You are strongly recommended to use Destroy instead.
DontDestroyOnLoadMakes the object target not be destroyed automatically when loading a new Scene.
FindObjectOfTypeタイプ type から最初に見つけたアクティブのオブジェクトを返します
FindObjectsOfTypeタイプから見つけたすべてのアクティブのオブジェクト配列を返します
Instantiateoriginal のオブジェクトをクローンします

Operator

boolオブジェクトが存在するかどうか
operator !=二つのオブジェクトが異なるオブジェクトを参照しているか比較します
operator ==2つのオブジェクト参照が同じオブジェクトを参照しているか比較します。