GUI レイヤー(旧)
サーフェスシェーダーの記述

シェーダーリファレンス

Unity のシェーダーは、次の 3 つの方法のいずれかで記述できます。

ニーズに応じた適切なタイプを選ぶには、マテリアルとシェーダーとテクスチャを参照してください。

選択したタイプに関係なく、シェーダーコードの実際の本体は、ShaderLab と呼ばれる言語で常にラップされます。これは、シェーダー構造を整理するのに使用されます。以下のような感じになります。

Shader "MyShader" {
    Properties {
        _MyTexture ("My Texture", 2D) = "white" { }
        // カラーやベクトルなどのその他のプロパティーもここに記述。
    }
    SubShader {
        // - サーフェスシェーダー や
        // - 頂点およびプログラムシェーダー や
        // - 固定関数シェーダー
        // などの肝心な部分をここに記述。
    }
    SubShader {
        // ここに、上の SubShader の簡単なバージョンを記述。
        // 古いグラフィックスカードで実行できるように。
    }
}

最初に下記のセクションで ShaderLab シンタックス の基本的なコンセプトを読んでから、他のセクションでサーフェースシェーダーか頂点シェーダーやフラグメントシェーダーに移ることをお勧めします。固定関数シェーダーは ShaderLab のみを用いて記述されているため、ShaderLab のリファレンスに詳細が記載されています。

下の参照には、さまざまな種類のシェーダー例が豊富に含まれています。特にサーフェスシェーダーに関して、さらに多くの例を取得するには、リソースセクション から Unity のビルトインシェーダーのソースを入手できます。Unity の ポストプロセスエフェクト を使用すると、シェーダーで多くの役に立つエフェクトを作成できます。

シェーダーリファレンスを読んでから、マテリアルとシェーダーとテクスチャ を参照してください。

関連項目

GUI レイヤー(旧)
サーフェスシェーダーの記述