Version: 5.4 (switch to 5.5b)
言語English
  • C#
  • JS

スクリプト言語

好きな言語を選択してください。選択した言語でスクリプトコードが表示されます。

Physics2D.OverlapPoint

フィードバック

ありがとうございます

この度はドキュメントの品質向上のためにご意見・ご要望をお寄せいただき、誠にありがとうございます。頂いた内容をドキュメントチームで確認し、必要に応じて修正を致します。

閉じる

送信に失敗しました

なんらかのエラーが発生したため送信が出来ませんでした。しばらく経ってから<a>もう一度送信</a>してください。ドキュメントの品質向上のために時間を割いて頂き誠にありがとうございます。

閉じる

キャンセル

マニュアルに切り替える
public static function OverlapPoint(point: Vector2, layerMask: int = DefaultRaycastLayers, minDepth: float = -Mathf.Infinity, maxDepth: float = Mathf.Infinity): Collider2D;
public static Collider2D OverlapPoint(Vector2 point, int layerMask = DefaultRaycastLayers, float minDepth = -Mathf.Infinity, float maxDepth = Mathf.Infinity);

パラメーター

point ワールド座標上の点
layerMask 特定レイヤーのオブジェクトを判定するフィルター
minDepth この値以上の Z 座標(深度)を持つオブジェクトのみを含みます。
maxDepth この値以下の Z 座標(深度)を持つオブジェクトのみを含みます。

説明

コライダーが空間上の点を含むか判定します

オプションとして layerMask を使用することで特定レイヤーのオブジェクトのみ判定できます。

2D のレンダリングと衝突において Z 軸は無関係であるもの、minDepthmaxDepth パラメーターを使用することで Z 軸にもとづいてオブジェクトをフィルタリングすることができます。もし一つ以上のコライダーが点を含む場合はもっとも小さい Z 座標の値を持ったものが返されます。また点を含むコライダーがない場合は null が返されます。

See Also: OverlapArea, OverlapCircle, OverlapPointAll, OverlapPointNonAlloc.