public static Collider2D[] OverlapAreaAll (Vector2 pointA, Vector2 pointB, int layerMask= DefaultRaycastLayers, float minDepth= -Mathf.Infinity, float maxDepth= Mathf.Infinity);

パラメーター

pointA矩形のひとつの隅
pointBDiagonally opposite the point A corner of the rectangle.
layerMask特定レイヤーのオブジェクトのみを判定するフィルター
minDepthこの値以上の Z 座標(深度)を持つオブジェクトのみを含みます。
maxDepthこの値以下の Z 座標(深度)を持つオブジェクトのみを含みます。

戻り値

Collider2D[] 投げかけた結果が返されます。

説明

矩形の領域にあるコライダーの一覧を取得します

OverlapArea 関数と似ていますが、領域にあるすべてのコライダーが返されるところが異なります。返された配列のコライダーは Z 座標が大きくなる順に並べられてます。また領域にコライダーがない場合は空の配列が返されます。

この関数は返された Collider2D オブジェクトにメモリを割り当てることに注意してください。頻繁に判定を行なう必要がある場合 OverlapAreaNonAlloc を使用することでオーバーヘッドを回避できます。

See Also: OverlapArea, OverlapAreaNonAlloc.