public static Collider2D OverlapBox (Vector2 point, Vector2 size, float angle, int layerMask= DefaultRaycastLayers, float minDepth= -Mathf.Infinity, float maxDepth= Mathf.Infinity);

パラメーター

pointボックスの中心
sizeボックスの大きさ
angleボックスの角度
layerMask特定レイヤーのオブジェクトのみを判定するフィルター
minDepthこの値よりも大きな Z 座標(深度)にあるオブジェクトのみを含む
maxDepthこの値よりも小さな Z 座標(深度)のオブジェクトのみを含む

戻り値

Collider2D The collider overlapping the box.

説明

Checks if a collider falls within a box area.

ボックスはワールド空間の中心座標やサイズにより定義されます。オプションとして layerMask を設定することで特定レイヤーのオブジェクトのみを検出することができます。

2D のレンダリングと衝突において Z 軸は無関係ですが、minDepthmaxDepth パラメーターを使用することで Z 軸にもとづいてオブジェクトをフィルタリングすることができます。1 つ以上のコライダーがボックス内に存在する場合は、もっとも小さい Z 座標の値を持ったものが返されます。ボックス内にコライダーがない場合は null を返します。

See Also: OverlapBoxAll, OverlapBoxNonAlloc.


public static int OverlapBox (Vector2 point, Vector2 size, float angle, ContactFilter2D contactFilter, Collider2D[] results);

パラメーター

pointボックスの中心
sizeボックスの大きさ
angleボックスの角度
contactFilterThe contact filter used to filter the results differently, such as by layer mask, Z depth. Note that normal angle is not used for overlap testing.
resultsThe array to receive results. The size of the array determines the maximum number of results that can be returned.

戻り値

int Returns the number of results placed in the results array.

説明

Checks if a collider falls within a box area.

The box is defined by its center coordinate in world space and by its size.

This function returns the number of colliders found and places those colliders in the results array. The results can also be filtered by the contactFilter. Note that filtering by normal angle is not available for overlap functions.