public static RaycastHit2D[] CircleCastAll (Vector2 origin, float radius, Vector2 direction, float distance= Mathf.Infinity, int layerMask= DefaultRaycastLayers, float minDepth= -Mathf.Infinity, float maxDepth= Mathf.Infinity);

パラメーター

originThe point in 2D space where the circle originates.
radius円の半径
directionVector representing the direction of the circle.
distanceMaximum distance over which to cast the circle.
layerMask特定のレイヤーのコライダーのみを判別するためのフィルター
minDepthこの値以上の Z 座標(深度)を持つオブジェクトのみを含みます。
maxDepthこの値以下の Z 座標(深度)を持つオブジェクトのみを含みます。

戻り値

RaycastHit2D[] 投げかけた結果が返されます。

説明

Casts a circle against colliders in the Scene, returning all colliders that contact with it.

A CircleCast is conceptually like dragging a circle through the Scene in a particular direction. Any object making contact with the circle can be detected and reported.

この関数は CircleCast と似ていますが、ヒットした最初のコライダーを検知する代わりに、円の軌道に沿った全コライダーの配列が返されます。配列のコライダー原点からの距離で整理されます。 layerMask は特定のレイヤー上にあるオブジェクトのみを選択的に検知するのに使えます(これにより例えば、敵キャラクターのみ検知するといった使い方ができます)。

返される RaycastHit2D は円形がコライダーに触れる場所の点と法線両方の情報を持ちます。また、その点に接触するために円が位置するであろう重心も返します。

関連項目: LayerMask クラス、RaycastHit2D クラス、CircleCastCircleCastNonAllocDefaultRaycastLayersIgnoreRaycastLayerraycastsHitTriggers.