Version: 2021.1
ビルトインパッケージの無効化
別のパッケージバージョンへの変更

Asset Store パッケージのインポート

Package Manager ウィンドウで Asset Store パッケージをインポートできます。

  1. Package Manager ウィンドウを開き、Packages ドロップダウンから My Assets を選択します。

    コンテキストを My Assets に切り替えます
    コンテキストを My Assets に切り替えます

    リストビューには、購入したすべての Asset Store パッケージが表示されます。

  2. My Assets リストに多数の Asset Store パッケージが表示される場合は、名前またはバージョン番号で 特定の Asset Store パッケージを検索 できます。

  3. パッケージのリスト からインポートしたい Asset Store パッケージを選択します。アセットパッケージの情報が 詳細ビュー に表示されます。

    これまでに Asset Store パッケージをこのコンピューターまたはデバイスにダウンロードしていない場合は、Download ボタンが表示されます。そうでない場合は、Import ボタンが表示されるので、6 の手順に移り、Asset Store パッケージをすぐにインポートすることができます。

  4. Asset Store のパッケージが詳細ビューに表示されている場合は、Download ボタンをクリックしてダウンロードします。

    詳細ビューの右下にある Download ボタン
    詳細ビューの右下にある Download ボタン

    Asset Store のパッケージがコンピューターにダウンロードされる間、プログレスバーが表示されます。クリックした Download ボタンの代わりに、Cancel (キャンセル) と Pause (一時停止) ボタンが表示されます。

    ダウンロード中の進行状況と、進行を制御するボタン
    ダウンロード中の進行状況と、進行を制御するボタン

    これらのボタンで、ダウンロードの進行状況を制御することができます。

    • Cancel ボタンをクリックすると、ダウンロードが完全に停止します。
    • Pause ボタンをクリックすると、ダウンロードが一時停止します。続行したいときは、いつでも Resume ボタンをクリックしてください。

    ダウンロードが終了すると、Download ボタンではなく、Import ボタンが表示されます。

  5. 選択した Asset Store パッケージをインポートするには Import ボタンをクリックします。

    Import Unity Package ウィンドウに、 パッケージですでに選択され、インストールの準備ができているすべての項目が表示されます。

    Import Unity Package ダイアログボックスの新規インストール項目
    Import Unity Package ダイアログボックスの新規インストール項目
  6. インポートしない項目を選択解除し、Import をクリックします。

    Unity はインポートした Asset Store パッケージのコンテンツを Assets フォルダーに保存します。そのため、Project ウィンドウからアクセスできるようになります。




  • Package Manager の My Assets フィルターは Unity 2019.3 で追加NewIn20193

  • Package Manager の Asset Store ダウンロード時の PauseResume は Unity 2020.2 で追加NewIn20202

ビルトインパッケージの無効化
別のパッケージバージョンへの変更