Version: 2021.2
ライティングデータの生成
GI キャッシュ

ライティングデータアセット

ライティングデータは、シーンの事前計算されたライティングデータを Unity エディターに保存します。ライティングデータアセットは、ワークフロー上の理由から、プロジェクト内で個別のファイルとして存在します。事前に計算されたライティングデータを別のファイルに格納するのはつまり、事前に計算されたライティングデータへの変更は、シーンファイルを変更しないということです。ライティングデータアセットは、ユーザーが編集することを目的としていません。

Unity は、Lighting ウィンドウGenerate Lighting ボタン、または Lightmapping.BakeLightmapping.BakeAsync API を使って、手動でライティングの事前計算呼び出す場合に、事前計算したライティングデータアセットを保存します。

The Lighting Data Asset contains global illumination data and all the supporting files needed to recreate the lighting for a scene. This asset references the renderers, the real-time lightmaps, the baked lightmaps, light probes, reflection probes and a data structure which stores the relationships between these elements. It also includes all the precomputed Enlighten Realtime Global Illumination data needed to update how real-time global illumination looks in the Player.

例えば、Contribute GI とマークされたゲームオブジェクトのプレハブの接続を断つなどしてシーンを変更すると、アセットデータは古くなり、再ビルドする必要があります。

ライティングのビルドプロセスで中間ファイルは生成されますが、ライティングのビルドプロセスはプレイヤービルドを生成するためには必要ではありません。中間ファイルはアセットの一部ではなく GI キャッシュ に保管されます。

ライティングデータアセットのビルド時間は、場合によって変動します。GI キャッシュ がすべて取得済の場合、つまりマシン上で (現在の状態のシーンで) ベイクが終わっている場合には、短時間で済みます。マシンに新たにシーンを読み込む場合や、キャッシュ上限のためにデータが削除されてしまった場合、事前計算とベイクのために、最初に中間ファイルをキャッシュに取り込む必要が有ります。これらの手順には、多少時間がかかります。

ライティングデータの生成
GI キャッシュ