Version: 5.4 (switch to 5.5b)
言語English
  • C#
  • JS

Script language

Select your preferred scripting language. All code snippets will be displayed in this language.

Resources.LoadAll

Suggest a change

Success!

Thank you for helping us improve the quality of Unity Documentation. Although we cannot accept all submissions, we do read each suggested change from our users and will make updates where applicable.

Close

Sumbission failed

For some reason your suggested change could not be submitted. Please try again in a few minutes. And thank you for taking the time to help us improve the quality of Unity Documentation.

Close

Cancel

マニュアルに切り替える
public static function LoadAll(path: string): Object[];
public static Object[] LoadAll(string path);
public static function LoadAll(path: string, systemTypeInstance: Type): Object[];
public static Object[] LoadAll(string path, Type systemTypeInstance);

Parameters

path ターゲットとなるフォルダーのパス名。空文字を指定した場合は、Resources フォルダーにあるすべてのアセットを読み込みます。
systemTypeInstance Type 取得するアセットの型

Description

Resources フォルダー内にあるフォルダー・ファイルのパスを設定し、すべてを読み込みます。

のアセットを取得する。 path がファイルを参照している場合、アセットのみを返します。 パスはプロジェクトの Assets フォルダー内にある Resources フォルダーから相対的なパスとなり、拡張子は省略します。

Note:
Unity では すべて のアセット名とパスはスラッシュ(”/”)を使用します。バックスラッシュ(”\”)は動きませんので注意してください。

no example available in JavaScript
// Loads all assets in the "Resources/Textures" folder
// Then picks a random one from the list.
// Note: Random.Range in this case returns [low,high)
// range, i.e. the high value is not included in the range.

using UnityEngine; using System.Collections;

public class ExampleClass : MonoBehaviour { void Start() { GameObject go = GameObject.CreatePrimitive(PrimitiveType.Cube); Texture2D[] textures = (Texture2D[]) Resources.LoadAll("Textures"); Texture2D texture = textures[Random.Range(0, textures.Length)]; go.GetComponent<Renderer>().material.mainTexture = texture; } }

public static function LoadAll(path: string): T[];
public static T[] LoadAll(string path);

Parameters

path ターゲットとなるフォルダーのパス名。空文字を指定した場合は、Resources フォルダーにあるすべてのアセットを読み込みます。

Description

Resources フォルダー内にあるフォルダー・ファイルのパスを設定し、すべてを読み込みます。

のアセットを取得する。 path がファイルを参照している場合、アセットのみを返します。 T の型のオブジェクトのみを返します。 パスはプロジェクトの Assets フォルダー内にある Resources フォルダーから相対的なパスとなり、拡張子は省略します。