Version: 2021.3
Asset Store パッケージのインポート
Asset Store パッケージの更新

別のパッケージバージョンへの変更

ノート: このページの情報は、Unity Registryスコープ付きレジストリローカルソース からインストールされたパッケージにのみに対応しています。Git URL からインストールされたパッケージをアップデートするには、新しいリビジョンを使って Git 依存関係として再インストール するか、Unity Registry から再インストールします。Git の依存関係でリビジョンを指定する方法については、特定のリビジョンをターゲットにする を参照してください。

パッケージの更新は、In ProjectUnity RegistryMy Registries のいずれかで行うことができます。

  1. Package Manager ウィンドウを開き、Packages ドロップダウンから In Project を選択します。

    コンテキストを In Project に切り替えます
    コンテキストを In Project に切り替えます

    利用可能なアップデートがあるパッケージの横に矢印が表示されます。

  2. パッケージのリスト から更新したいパッケージを選択します。パッケージ情報は 詳細ビュー に表示されます。

  3. ロックアイコン () は、このパッケージとバージョンが、インストールされた機能セットにロックされていることを示します。パッケージのロックを解除して別のバージョンを選択するには、Unlock ボタンをクリックします。

    ノート: パッケージのロック解除が可能になるのは、一時的のみです。別の リストコンテキスト に変更したり、Package Manager やエディターを閉じたりすると、パッケージは再びロックされた状態に戻ります。ただし、パッケージのロックが解除されているときにバージョンを切り替えると (例えば、名前でパッケージを加える 方法で)、パッケージはロック解除されたままになります。

  4. パッケージのリスト で、パッケージ名の左側にある折りたたみアイコンをクリックします。

    Currently installed (現在インストールされている) と Recommended (推奨) のみが利用可能です。
    Currently installed (現在インストールされている) と Recommended (推奨) のみが利用可能です。

    ノート: パッケージを表示した際に See other versions のリンクが表示される場合、それをクリックするとそのパッケージで利用可能なすべてのバージョンが列挙されます。

  5. 現在のパッケージのバージョンを選択すると、詳細ビュー でそのバージョンの詳細を確認できます。

    詳細ビューの右下にある Update to ボタン
    詳細ビューの右下にある Update to ボタン
  6. Update to ボタンをクリックします。

    プログレスバーが終了すると、新しい機能がすぐに利用できます。

ノート: 古いバージョンのパッケージに切り替える場合は、パッケージのコンテンツに対してAPI Updater を実行しなくてはならない場合があります。


Asset Store パッケージのインポート
Asset Store パッケージの更新