Polygon Collider 2D
Capsule Collider 2D

Edge Collider 2D

Edge Collider 2D コンポーネントは 2D 物理挙動で使います。コライダーの形状は線によって自由に変形できるので スプライトのグラフィックスの形状にフィットするように高い精度で調整できます。コライダーの辺により領域が完全に囲まれている必要はなく、直線や L 字型でもよいことに注意してください( Polygon Collider 2D と異なる)。

プロパティー 機能
Density Density を変更すると、オブジェクトが関連するリジッドボディの質量に影響します。値を 0 に設定すると、関連するリジッドボディは、重心計算を含め、すべての質量計算でコライダーを無視します。注意 このオプションは、関連するリジッドボディで Use Auto Mass を選択しているときのみ可能です。
Material 摩擦や弾性など衝突の種類を定義する Physics マテリアル。
Is Trigger これを有効にすると、コライダーをトリガーにします。
Used by Effector コライダーがエフェクターをアタッチしているかどうか。
Offset コライダージオメトリのローカルでのオフセット。
Edge Radius 端の半径を制御します。そのため、頂点は円状になります。結果として、角が丸く出っ張っている大きめのCollider 2D になります。この設定のデフォルト値は 0 (半径の値無し) です。
Points 生成されたコライダーの読み取り専用の情報。

説明

ポリラインを直接編集するには、シーンビューで Shift キーを押しながら、そのエッジ、または、頂点にマウスオーバーします。既存の頂点を移動するには、Shift キーを押しながら、頂点をドラッグします。新しい頂点を作成するには、Shift キーを押しながら、頂点を作りたい場所をクリックします。頂点を削除するには、Ctrl (Windows) か Cmd (macOS) キーを押しながら、消したい頂点をクリックします。

コライダー編集の際、2D 移動ツールのギズモを隠すには、インスペクター上の Sprite Renderer コンポーネントの折りたたみ矢印をクリックして折りたたみます。

Polygon Collider 2D
Capsule Collider 2D