Version: 5.4 (switch to 5.5b)
言語English
  • C#
  • JS

Script language

Select your preferred scripting language. All code snippets will be displayed in this language.

RenderTexture.enableRandomWrite

Suggest a change

Success!

Thank you for helping us improve the quality of Unity Documentation. Although we cannot accept all submissions, we do read each suggested change from our users and will make updates where applicable.

Close

Sumbission failed

For some reason your suggested change could not be submitted. Please try again in a few minutes. And thank you for taking the time to help us improve the quality of Unity Documentation.

Close

Cancel

マニュアルに切り替える
public var enableRandomWrite: bool;
public bool enableRandomWrite;

Description

Shader Model 5.0 レベルのシェーダーでこのレンダーテクスチャにランダムアクセス書き込みを有効にします。

Shader Model 5.0 レベルのピクセルやコンピュートシェーダーは UsingDX11GL3Features で ”順序なしアクセスビュー” と呼ばれるいくつかのテクスチャの任意の場所に書くことができます。この機能を有効にするレンダーテクスチャを作成する前にこのフラグを設定します。

テクスチャでこのフラグが設定されたとき、シェーダーの中のひとつの RWTexture* リソースとして書き込むことができます。さらに Graphics.SetRandomWriteTarget を使用してピクセルシェーダーのランダムアクセス書き込みターゲットとして設定できます。

See Also: Graphics.SetRandomWriteTarget, UsingDX11GL3Features.