Version: 5.4 (switch to 5.5b)
言語English
  • C#
  • JS

スクリプト言語

好きな言語を選択してください。選択した言語でスクリプトコードが表示されます。

Mathf.Repeat

フィードバック

ありがとうございます

この度はドキュメントの品質向上のためにご意見・ご要望をお寄せいただき、誠にありがとうございます。頂いた内容をドキュメントチームで確認し、必要に応じて修正を致します。

閉じる

送信に失敗しました

なんらかのエラーが発生したため送信が出来ませんでした。しばらく経ってから<a>もう一度送信</a>してください。ドキュメントの品質向上のために時間を割いて頂き誠にありがとうございます。

閉じる

キャンセル

マニュアルに切り替える
public static function Repeat(t: float, length: float): float;
public static float Repeat(float t, float length);

パラメーター

説明

値 t は length より大きくはならず 0 より小さくはならず、その間をループします。

これは剰余演算子に似てますが、浮動小数点数で動作します。たとえば、t を 3.0 、 length を 2.5 とすると結果は 0.5 になります。t = 5 、 length = 2.5 とすると結果は 0.0 になります。ただし、剰余演算子として負の数のために動作するように定義されていないことに注意してください。

次の例では、time の値は 0.0 と 3.0 以下の間に制限されています。これにより、X の位置はこの範囲内に保たれています。

function Update () {
    // Set the x position to loop between 0 and 3
    transform.position = Vector3(
            Mathf.Repeat(Time.time, 3), transform.position.y, transform.position.z);
}
using UnityEngine;
using System.Collections;

public class ExampleClass : MonoBehaviour { void Update() { transform.position = new Vector3(Mathf.Repeat(Time.time, 3), transform.position.y, transform.position.z); } }