Legacy Documentation: Version 2017.1 (Go to current version)
言語English
  • C#
  • JS

Script language

Select your preferred scripting language. All code snippets will be displayed in this language.

Cursor.SetCursor(Texture2D,CursorMode)

フィードバック

ありがとうございます

この度はドキュメントの品質向上のためにご意見・ご要望をお寄せいただき、誠にありがとうございます。頂いた内容をドキュメントチームで確認し、必要に応じて修正を致します。

閉じる

送信に失敗しました

なんらかのエラーが発生したため送信が出来ませんでした。しばらく経ってから<a>もう一度送信</a>してください。ドキュメントの品質向上のために時間を割いて頂き誠にありがとうございます。

閉じる

キャンセル

マニュアルに切り替える

説明

Sets the mouse cursor to the given texture.

Call this method with a Texture2D to change the appearance of the hardware pointer (mouse cursor).

The cursorMode parameter allows you to use hardware cursors on supported platforms, or force software rendering of the cursor.

In the following example, the mouse cursor is changed to a given texture when OnMouseEnter is called, and reset to default when OnMouseExit is called.

no example available in JavaScript
using UnityEngine;
using System.Collections;

public class ExampleClass : MonoBehaviour { public Texture2D cursorTexture; public CursorMode cursorMode = CursorMode.Auto; public Vector2 hotSpot = Vector2.zero; void OnMouseEnter() { Cursor.SetCursor(cursorTexture, hotSpot, cursorMode); }

void OnMouseExit() { Cursor.SetCursor(null, Vector2.zero, cursorMode); } }

public static function SetCursor(texture: Texture2D, hotspot: Vector2, cursorMode: CursorMode): void;
public static void SetCursor(Texture2D texture, Vector2 hotspot, CursorMode cursorMode);

パラメーター

texture カーソルに使用するテクスチャ。 null の場合デフォルトカーソルを設定します。テクスチャはカーソルとして使用するためにテクスチャインポーターで "Read/Write enabled" を有効にしてインポートする(か "Cursor" を使用する)必要があることに注意してください。
hotspot ターゲット地点として使用するテクスチャの左上からのオフセット距離(カーソルの境界範囲にある必要があります)
cursorMode プラットフォームがサポートしているハードウェアのカーソルを使用するか、強制的にソフトウェアのカーソルを使用するかの設定

説明

使用したいカーソル画像を自由に設定できるカスタムカーソルです

Call this method with a Texture2D to change the appearance of the hardware pointer (mouse cursor).