Unity XCode プロジェクトの構成
iOS ハードウェアガイドガイド

iOS スプラッシュスクリーンのカスタマイズ

Unity Personal Edition を使ってプロジェクトを製作した場合、デフォルトのスプラッシュ画面が プレイヤー設定Default Screen Orientation の向きにしたがって、ゲームの読み込み中に表示されます。このスプラッシュ画面を変更することはできません。

Unity Professional Edition ではスプラッシュスクリーンを変更する事が可能です。プロジェクト内のテクスチャであれば何でも、スプラッシュスクリーンとして使えます。

テクスチャのサイズは、ターゲットデバイスによって異なります。

  • 第 1–3 世代デバイス 320x480 ピクセル
  • iPad mini/iPad 第 1、2世代 1024x768
  • iPad 第 3、4世代 2048x1536
  • iPhone/iPod デバイス 第 4世代 640x960
  • 第 5世代デバイス 640x1136

使用するテクスチャは、必要に応じて拡大縮小します。

プレイヤー設定を使用してスプラッシュスクリーンテクスチャを設定できます。

Unity XCode プロジェクトの構成
iOS ハードウェアガイドガイド