Version: 2019.2
Unity Collaborate
Unity プロジェクトにチームメンバーを加える

Setting up Unity Collaborate

サービスを有効にする

通常、Unity Services はデフォルトで使用可能です。プロジェクトを作成するときに設定で Unity Services を無効にすることができます。Unity Services が無効の場合、Collaborate を使用する前に、Unity Services を再度有効にする必要があります。詳しくは Unity Services のためのプロジェクトの設定 を参照してください。

Collaborate is distributed as a preinstalled Unity package. You can update or uninstall Collaborate using the Unity Package Manager. For more information about the Unity Package Manager, see Packages.

ノート: Collab ボタンが使用できないときは、Collaborate パッケージがインストールされていない可能性があります。Collaborate パッケージを再インストールするには、Unity Package Manager を使用してください。

Unity のプロジェクトで Collaboration を有効にするには、Unity エディターのツールバーで Collab ボタンをクリックしてから Start Now をクリックします。

Start now! ダイアログ
Start now! ダイアログ

変更をプロジェクトへ公開

新しく作成したプロジェクトで Collaborate を有効にすると、プロジェクトは自動的にクラウドに公開されます。

Collaborate を既存のプロジェクトに加える場合は、手動でプロジェクトを公開しなければならない場合があります。

変更を公開してチームメイトと共有するには、Collab ボタンをクリックしてから、Publish now をクリックします。

プロジェクトの変更を公開
プロジェクトの変更を公開

When using Collaborate package versions 2.0.0 or higher, you can manually refresh the list of changed files by clicking the Click to rescan button at the bottom of the Collab drop-down window. For more information on changing Collaborate package versions, see the service overview.

変更したファイルを再スキャンする (バージョン 2.0.0 以降)
変更したファイルを再スキャンする (バージョン 2.0.0 以降)

ノート: 再スキャンすると、新しく変更されたファイルをチェックします。リストにファイルがある場合は、手動で再スキャンする必要はありません。

自分のプロジェクトを変更すると、Collaborate は Collab ボタンに上向きの矢印を表示して、まだ公開していない変更があることを示します。

上向きの矢印
上向きの矢印

  • 2019–04–24 Page published
Unity Collaborate
Unity プロジェクトにチームメンバーを加える