Dithering
Monitors

Debug Views

Post Processing Stack には、深度、法線、モーションベクトルなど特定のエフェクトやパスを表示するデバッグビューが用意されています。これらは Post-processing プロファイルの最上部にあります。デバッグビューは、ゲームビューで他のエフェクトの適用の仕方に影響します。

Post Processing Stack で提供するデバッグビューは以下の通りです。

  • Depth

  • Normals

  • モーション ベクトル

  • Ambient Occlusion

  • Eye Adaptation

  • Focus Plane

  • Pre Grading Log

  • Log Lut

  • User Lut

プロパティー

プロパティー 説明
Mode 現在、選択中のデバッグビュー

Depth

深度 (Depth) のデバッグビューには、画面上のピクセルの深度値が表示されます。Scale 値を変更して、見やすく調整します。

デバッグビューを使用して、アンビエントオクルージョン被写界深度 などの 深度テクスチャ を使用するすべてのエフェクトの問題を特定できます。

Depth のデバッグビュー
Depth のデバッグビュー

プロパティー

プロパティー 説明
Scale 深度マップを表示する前に、カメラの後方クリップ面を拡大縮小します。

Normals

法線 (Normal) デバッグビューには、さまざまなエフェクトに使用される法線テクスチャが表示されます。このデバッグビューはレンダリングパスによって異なります。デファードレンダリングパス には、G バッファの法線テクスチャが表示されます。これには、オブジェクトの法線マップの詳細が含まれます。 フォワードレンダリングパスでは、オブジェクトの頂点法線が表示されます。

このデバッグビューを使用して、スクリーンスペースリフレクションアンビエントオクルージョン などの法線テクスチャを使用するすべてのエフェクトの問題を特定できます。

デファードレンダリングパスの Normals の Debug View
デファードレンダリングパスの Normals の Debug View
フォワードレンダリングパスの Normals の Debug View
フォワードレンダリングパスの Normals の Debug View

Motion Vectors

モーションベクトルのデバッグビューには、 モーションベクトル テクスチャを視覚化したものが表示されます。モーションベクトルのデバッグビューには 2種類の視覚化があります。

オーバーレイの視覚化は、画面上の各ピクセルのモーションベクトルの色を表示します。異なる色は異なる移動方向を示し、より高い値はより速い速度を示します。画面上に視覚化された矢印は、動きの方向と速度を示します。これはあまり正確ではありませんが、読みやすくなります。

このデバッグビューを使用して、 モーションブラー一時的なアンチエイリアス などの一時的なエフェクトに関する問題を特定できます。

Motion Vector のデバッグビュー
Motion Vector のデバッグビュー

プロパティー

プロパティー 説明
(Source Image) Opacity ソースのレンダリングの不透明度
(Motion Vectors (overlay)) Opacity ピクセルごとのモーションベクトルの不透明度
(Motion Vectors (overlay)) Amplitude モーション ベクトルは主にとても小さなベクトルなので、この設定を使ってより見やすくします。
(Motion Vectors (arrows)) Opacity モーションベクトルの矢の不透明度
(Motion Vectors (arrows)) Resolution 画面上の矢の密度
(Motion Vectors (arrows)) Amplitude 矢の長さを微調整します

Ambient Occlusion

アンビエントオクルージョンのデバッグビューには、アンビエントオクルージョン エフェクトの最終結果がシーンの最上部に加えずに表示されます。これは、アンビエントオクルージョンの問題を特定するのに役立ちます。

Ambient Occlusion の Debug View.
Ambient Occlusion の Debug View.

Eye Adaptation

アイアダプテーション (Eye Adaptation) のデバッグビューには、 アイアダプテーション に使用されるヒストグラムが表示されます。このデバッグビューはヒストグラムのログと輝度の最小値と最大値、およびそのエフェクトによって計算された現在の平均輝度値を示します。これらは画面の輝度値に重ねられ、アイアダプテーションエフェクトを示すためにリアルタイムで更新されます。

アイアダプテーションエフェクトの細かい調整に役立ちます。

アイアダプテーションのデバッグビュー
アイアダプテーションのデバッグビュー

Focus Plane

焦点面 (Focus Plane) のデバッグビューは 被写界深度 に使用される焦点距離と口径範囲を表示します。

これは、Depth of Field エフェクトを設定するのに役立ちます。

焦点面のデバッグビュー
焦点面のデバッグビュー

Pre Grading Log

プレグレーディング Log (Pre Grading Log) のデバッグビューは、ログ空間にソース画像を表示します。プレグレーディングログは、 カラーグレーディング のほとんどの制御に使用する入力です。 現在の HDR ビューの log/圧縮ビューを表示します。

これは、カラーグレーディングの問題を識別するのに便利です。

プレグレーディング Log のデバッグビュー
プレグレーディング Log のデバッグビュー

Log Lut

Log Lut の Debug View には、 カラーグレーディング の出力 Lut (look up table) が表示されます。 これは、ユーザーが設定したパラメーターに基づいたカラーグレーディングエフェクトによって生成される Lut です。

これは、カラーグレーディングの問題を識別するのに便利です。

Log Lut のデバッグビュー
Log Lut のデバッグビュー

User Lut

ユーザー Lut のデバッグビューは、 ユーザー Lut の出力 Lut を表示します。 ユーザー Lut は、 __Contribution __ パラメーターで調整した Lut フィールドに設定されたテクスチャです。

これは、ユーザー Lut の問題を識別するのに便利です。

ユーザー Lut のデバッグビュー
ユーザー Lut のデバッグビュー

  • 2017–05–24 編集レビュー 無しにパブリッシュされたページ

  • 5.6 の新機能

Dithering
Monitors