Maya からのオブジェクトのインポート
3D Studio Max からオブジェクトをインポート

Importing objects from Cinema 4D

Unity natively imports Cinema 4D files. Unity imports:

  • 位置、回転、スケールのあるすべてのオブジェクト。ピボットポイントと名前もインポートします。
  • UV と法線を持つメッシュ
  • テクスチャとディフューズ色を持つマテリアル。各メッシュに複数のマテリアル。
  • FK アニメーション (IK は手動でベイクする必要があります)
  • ボーンベースのアニメーション

制限

Unity は Cinema 4D のポイントレベルアニメーション (PLA) をインポートしません。代わりにボーンベースのアニメーションを使用します。

Cinema 4D は可視性の継承をエクスポートしません。Cinema 4D でレンダラーを ‘デフォルト’ または ‘無効’ に設定すると、Cinema4D と Unity 間の可視性アニメーションの違いを避けることができます。

要件

You need to have Cinema 4D installed to import native .c4d files directly into Unity. If you don’t have Cinema 4D installed, use the .FBX format instead. For more information about importing FBX files, see Importing models.

インポート処理の裏側

When Unity imports a Cinema 4D file it automatically installs a Cinema 4D plugin and launches Cinema 4D in the background. Unity then communicates with Cinema 4D to convert the .c4d file into a format Unity can read.

The first time you import a .c4d file into Unity, Cinema 4D has to launch in a command line process. This can take a while, but subsequent imports are very quick.

Export settings in Cinema 4D

Animated characters using IK

IK を使って Cinema 4D のキャラクターをアニメーション化する場合は、エクスポートする前に Cinema 4D の Plugins > Mocca > Cappucino メニュー を使って IK をベイクする必要があります。 Unity にインポートする前に IK をベイクしないと、アニメーション化されたロケーターだけが取得され、アニメーション化されたボーンは取得されません。

Maximizing import speed

エクスポートする前に Cinema 4D の Embed Textures 設定をオフにして、Unity へのファイルインポートを高速化できます。詳しくは、Cinema 4D ドキュメント を参照してください。


Maya からのオブジェクトのインポート
3D Studio Max からオブジェクトをインポート