インポート設定
アセットパッケージ

アセットストアからアセットをインポートする

Unity の アセットストア は成長する無料および商用アセットのライブラリの入り口であり、それらアセットは Unity Technologies およびコミュニティのメンバーにより作成されています。バラエティに富んだアセットが利用可能であり、テクスチャ、モデル、アニメーション、およびプロジェクト全体のサンプル、チュートリアル、およびエディター拡張ツールまですべてをカバーしています。アセットは、Unity エディター内蔵のシンプルなインターフェースからアクセスしてダウンロードし、プロジェクトに直接インポートすることができます。

Unity ユーザー自らアセットストアのパブリッシャーになり、自分の制作したコンテンツを販売することができます。詳細は アセットを販売する を参照してください。

アセットストアへのアクセスと操作

アセットストアウィンドウを開くにはメインメニューから Window > Asset Store を選択します。初めてアクセスした場合は、ストアにアクセスするために必要な無料アカウントを作成するよう求められます。

アセットストアトップページ
アセットストアトップページ

アセットストアはブラウザーのようなインターフェースでキーワード検索したり、パッケージやカテゴリ単位でアセットを閲覧できます。

その右にはダウンロードマネージャーとショッピングカートに入っているコンテンツを確認するボタンがあります。

ダウンロードマネージャーにより購入済みのパッケージを表示し、更新内容を見つけてインストールできます。さらに Unity 標準パッケージも同様に表示してプロジェクトに同じ方法で追加できます。

ダウンロードマネージャー
ダウンロードマネージャー

ダウンロード済みのアセットファイルの場所

アセットストアからダウンロードしたファイルに直接アクセスする必要はほとんどありません。ただし、必要な場合は、ファイルは以下の場所にあります。

  • macOS: ~/Library/Unity/Asset Store

  • Windows: C:\Users\accountName\AppData\Roaming\Unity\Asset Store

これらのフォルダーにはサブフォルダーが含まれ、特定のアセットストアのベンダーに関連しています。実際のアセットファイルは適切なサブフォルダーに保存されています。


2018–01–31 限られた 編集レビュー で修正されたページ

インポート設定
アセットパッケージ