Selection

class in UnityEditor

マニュアルに切り替える

説明

エディターで選択オブジェクトにアクセスするためのクラス

Static 変数

activeContextReturns the current context object, as was set via SetActiveObjectWithContext.
activeGameObjectアクティブなゲームオブジェクトを返します(インスペクターで示されているひとつ)
activeInstanceID実際のオブジェクトの Selection のインスタンス ID を返しますが、プレハブや変更できないオブジェクトが含まれています
activeObject実際のオブジェクトの Selection を返しますが、プレハブや変更できないオブジェクトが含まれています
activeTransformアクティブな Transform を返します(インスペクターで示されているひとつ)
assetGUIDs選択したアセットの GUID を返します。
gameObjects実際のゲームオブジェクトの Selection を返しますが、プレハブや変更できないオブジェクトが含まれています
instanceIDs objects の代わりにインスタンス ID がシーンから返されます。フィルタされない Selection。
objectsシーンからフィルタせずに Selection のオブジェクトを返します
selectionChanged現在アクティブか選択されている項目が変更されたとき、デリゲートのコールバックをトリガします。
transformsプレハブを除いたトップレベルの Selection を返します

Static 関数

Contains選択中のオブジェクトに指定のオブジェクト情報を含んでいるか確認します
GetFiltered取得するtypeやmodeでフィルターをかけ、オブジェクトを取得します
GetTransforms SelectionMode ビットマスクを使用して Selection の種類を細かく制御できます
SetActiveObjectWithContextSelects an object with a context.