Version: 5.4 (switch to 5.5b)
言語English
  • C#
  • JS

Script language

Select your preferred scripting language. All code snippets will be displayed in this language.

NetworkServerSimple

class in UnityEngine.Networking

Suggest a change

Success!

Thank you for helping us improve the quality of Unity Documentation. Although we cannot accept all submissions, we do read each suggested change from our users and will make updates where applicable.

Close

Sumbission failed

For some reason your suggested change could not be submitted. Please try again in a few minutes. And thank you for taking the time to help us improve the quality of Unity Documentation.

Close

Cancel

マニュアルに切り替える

Description

NetworkServerSimple は NetworkServer クラスが持つ "ゲーム" に関連した機能がないサーバーの基本クラスです。

このクラスにはシーン管理、スポーン(spawn)、プレーヤーオブジェクト、オブザーバーや NetworkServer のクラスのような静的なインターフェースはありません。単にポートのリッスン、接続管理、メッセージを処理するサーバーです。プロセス内にこのクラスの複数のインスタンスがあります。

NetworkServer と NetworkClient のクラスのように、 SetNetworkConnectionClass() で指定される新しい接続のために NetworkConnection クラスの型が作成され、ネットワーク接続のカスタムの型を使用できるようにします。

このクラスは OnConnected、OnDisconnected、OnData の仮想関数をオーバーライドするかメッセージハンドラーを登録することにより使用できます。

Variables

connections管理されている現在の接続の読み取り専用リスト
handlers登録されているメッセージハンドラー関数
hostTopologyサーバーが構成されているトランスポートレイヤーのホストトポロジー
listenPortサーバーがリッスンするネットワークポート
messageBufferサーバーにネットワークからデータを読み取る内部バッファー。これは OnData() が呼び出されたときにネットワークから読み取った最新データを含みます。
messageReaderサーバーの messageBuffer にバインドされている NetworkReader オブジェクト
networkConnectionClassクライアントからの新しいネットワーク接続を作成するクラスの型
serverHostIdサーバーのトランスポートレイヤーホスト ID
useWebSocketsこれによりサーバーは通常のトランスポートレイヤー接続の代わりに WebSocket 接続をリッスンすることになります。

Public Functions

ClearHandlers登録されているメッセージハンドラーを削除します。
Configureサーバーのネットワークトランスポートレイヤーを構成します。
Disconnect対応している接続 ID の接続を切断します。
DisconnectAllConnectionsすべてのアクティブな接続を切断します。
FindConnection指定した接続 ID のネットワーク接続オブジェクトを検索します。
Initializeサーバーがリッスンを開始するときに呼び出される初期化関数です。 NetworkConnectionClass などを設定してカスタムの初期化を実行するために上書きできます。
Listen指定したポートで接続をリッスンするサーバーを起動します。
ListenRelayリレーサーバーを使用するサーバーを起動します。マッチが存在する場合、通常、NetworkServer.Connect() が自動的にリレーサーバーを使用するように、リレーサーバーを手動で使う方法です。
OnConnectedこの仮想関数は新しいネットワーク接続のカスタム機能を実行するために上書きされます。
OnConnectError接続エラーがあるときに呼び出される仮想関数
OnDataこの仮想関数は接続のデータを受信したときにカスタム機能を実行するために上書きされます。
OnDataError接続でデータエラーが発生したときに呼び出される仮想関数
OnDisconnectedこの仮想関数は切断されたネットワーク接続のカスタム機能を実行するために上書きされます。
OnDisconnectError切断エラーが発生したときに呼び出される仮想関数
RegisterHandlerメッセージ ID のハンドラー関数を登録します。
RemoveConnectionAtIndexサーバーの接続のリストから接続オブジェクトを削除します。
SendBytesTo接続されているクライアントにバイトの配列でデータを送信します。
SendWriterToNetworkWriter オブジェクトの内容を接続したクライアントに送信します。
SetConnectionAtIndex外部コードによって作成された接続をサーバーの接続のリスト、接続の connectionID インデックスに追加します。
SetNetworkConnectionClass新しいネットワーク接続を作成したものをこのクラスに設定します。
Stopリッスンからサーバーを停止します。
UnregisterHandler登録済みのメッセージハンドラー関数を登録解除します。
Updateこの関数はサーバーが受信して処理するネットワークデータを吸いあげて送信する送信データを保留します。
UpdateConnectionsこの関数は接続で送信する送信データを保留しますが、 Update() とは異なりサーバーがリッスンしていないときに動作します。