Version: 5.4 (switch to 5.5b)
言語English
  • C#
  • JS

Script language

Select your preferred scripting language. All code snippets will be displayed in this language.

Graphics.BlitMultiTap

Suggest a change

Success!

Thank you for helping us improve the quality of Unity Documentation. Although we cannot accept all submissions, we do read each suggested change from our users and will make updates where applicable.

Close

Sumbission failed

For some reason your suggested change could not be submitted. Please try again in a few minutes. And thank you for taking the time to help us improve the quality of Unity Documentation.

Close

Cancel

マニュアルに切り替える
public static function BlitMultiTap(source: Texture, dest: RenderTexture, mat: Material, params offsets: Vector2[]): void;
public static void BlitMultiTap(Texture source, RenderTexture dest, Material mat, params Vector2[] offsets);

Parameters

source ソーステクスチャ (コピー元のテクスチャ)
dest コピー先の RenderTexture オブジェクト。null の場合、直接画面に転送する
mat コピーに使用するマテリアル。マテリアルのシェーダーはいくつかの後処理のエフェクトを行う必要があります。
offsets フィルタリングオフセットの変数の番号。オフセットはピクセル単位です。

Description

マルチタップシェーダーの元のテクスチャをコピー先にコピーします。

主にいくつかの image effects を実装するために使用されます。たとえば、 複数の異なる場所でテクスチャのサンプルを Gaussian blur や Iterative blur します。

BlitMultiTap は active をレンダーテクスチャする dest を設定し、マテリアルの マテリアルの _MainTex プロパティーとして source を設定し、フルスクリーンクワッドを描画します。クワッドの各頂点は 複数のテクスチャ座標を設定し、 offsets で画素をオフセットします。

参照: Graphics.Blit 、image effects