Material

class in UnityEngine

/

継承:Object

マニュアルに切り替える

説明

マテリアルクラス

This class exposes all properties from a material, allowing you to animate them. You can also use it to set custom shader properties that can't be accessed through the inspector (e.g. matrices).

オブジェクトにより使用されているマテリアルを取得するには Renderer.material プロパティーを使用します。

See Also: Materials, Shaders.

変数

colorマテリアルの色
globalIlluminationFlagsマテリアルがライトマップとライトプローブをどのように操作するかを定義します
mainTextureマテリアルのテクスチャ
mainTextureOffsetメインテクスチャのオフセット
mainTextureScaleメインテクスチャのスケール
passCountマテリアルのパスの数(読み取り専用)
renderQueueマテリアルのレンダーキュー
shaderマテリアルで使用するシェーダー
shaderKeywordsマテリアルに設定される追加シェーダーキーワード

Public 関数

CopyPropertiesFromMaterialマテリアルのプロパティーを他のマテリアルにコピーします
DisableKeywordセットしたシェーダーキーワードを取り消します
EnableKeywordマテリアルにより有効化されるシェーダーキーワードを設定します
GetColor設定された名前から色を取得します
GetFloat設定された名前から float 値を取得します
GetInt設定された名前から int 値を取得します
GetMatrix設定された名前から matrix 値を取得します
GetTagマテリアルのシェーダーのタグ名を取得します
GetTexture設定された名前からテクスチャを取得します
GetTextureOffsetテクスチャのプロパティー名から画像のオフセットを取得します
GetTextureScaleテクスチャのプロパティー名から画像の大きさを取得します
GetVectorプロパティー名から Vector4 型の値を取得します
HasPropertyシェーダーのプロパティーに特定のプロパティー名が設定されているか確認します
IsKeywordEnabledマテリアル上でシェーダーキーワードが有効になっているかどうか
Lerp2 つのマテリアルを時間をかけて変更させます
SetBuffer ComputeBuffer を設定します
SetColor色を設定します
SetColorArrayColor 配列プロパティーを設定します。
SetFloatfloat 値を設定します
SetFloatArrayfloat 配列のプロパティーを設定します。
SetIntint 値を設定します
SetMatrixmatrix 値を設定します
SetMatrixArrayMatrix 配列プロパティーを設定します。
SetOverrideTagマテリアルの Tag/Value を上書きに設定します
SetPassレンダリングのための特定のパスを有効にします
SetTextureテクスチャを設定します
SetTextureOffsetテクスチャのオフセットを設定します
SetTextureScaleテクスチャのスケールを設定します
SetVectorVector 値を設定します
SetVectorArrayベクトル配列プロパティーを設定します。

継承メンバー

変数

hideFlagsオブジェクトは非表示、シーンに保存、ユーザーが編集可能、などを設定する。
nameオブジェクト名

Public 関数

GetInstanceIDオブジェクトのインスタンス ID を返します
ToStringゲームオブジェクトの名前を返します

Static 関数

Destroyゲームオブジェクトやコンポーネント、アセットを削除します
DestroyImmediateオブジェクト obj を破棄します。
DontDestroyOnLoad新しいシーンを読み込んでもオブジェクトが自動で破壊されないように設定します
FindObjectOfTypeタイプ type から最初に見つけたアクティブのオブジェクトを返します
FindObjectsOfTypeタイプから見つけたすべてのアクティブのオブジェクト配列を返します
Instantiateオブジェクト original のコピーを返します

Operator

boolオブジェクトが存在するかどうか
operator !=二つのオブジェクトが異なるオブジェクトを参照しているか比較します
operator ==2つのオブジェクト参照が同じオブジェクトを参照しているか比較します。