Legacy Documentation: Version 2017.1 (Go to current version)
言語English
  • C#
  • JS

Script language

Select your preferred scripting language. All code snippets will be displayed in this language.

WWW.EscapeURL

フィードバック

ありがとうございます

この度はドキュメントの品質向上のためにご意見・ご要望をお寄せいただき、誠にありがとうございます。頂いた内容をドキュメントチームで確認し、必要に応じて修正を致します。

閉じる

送信に失敗しました

なんらかのエラーが発生したため送信が出来ませんでした。しばらく経ってから<a>もう一度送信</a>してください。ドキュメントの品質向上のために時間を割いて頂き誠にありがとうございます。

閉じる

キャンセル

マニュアルに切り替える
public static function EscapeURL(s: string): string;
public static string EscapeURL(string s);
public static function EscapeURL(s: string, e: Encoding): string;
public static string EscapeURL(string s, Encoding e);

パラメーター

s エスケープする文字を含む文字列
e 使用するテキストエンコード

説明

文字列の文字をエスケープし、URL に親和性があることを保証します。

特定のテキスト文字は URL で表現するときに特殊記号として扱われてます。もしそれらの文字を URL パラメーターの中に含める場合、エスケープシーケンスを用いて表現する必要があります。ユーザーから提供されたすべてのテキストについて、URL パラメーターにテキストを渡す前に、この関数を使用することを推奨します。これにより悪意のあるユーザーが URL のコンテンツを操作して Web サーバーを攻撃することを防止します。

関連項目: UnEscapeURL.

function Start () {
    // Escaped name is "Fish+%26+Chips'.
    var escName = WWW.EscapeURL('Fish & Chips');
}
using UnityEngine;
using System.Collections;

public class ExampleClass : MonoBehaviour { void Start() { string escName = WWW.EscapeURL("Fish & Chips"); } }

Did you find this page useful? Please give it a rating: