Version: 5.4 (switch to 5.5b)
言語English
  • C#
  • JS

Script language

Select your preferred scripting language. All code snippets will be displayed in this language.

MonoBehaviour.LateUpdate()

Suggest a change

Success!

Thank you for helping us improve the quality of Unity Documentation. Although we cannot accept all submissions, we do read each suggested change from our users and will make updates where applicable.

Close

Sumbission failed

For some reason your suggested change could not be submitted. Please try again in a few minutes. And thank you for taking the time to help us improve the quality of Unity Documentation.

Close

Cancel

マニュアルに切り替える

Description

Behaviour が有効の場合、LateUpdate は毎フレーム呼びだされます

LateUpdate は Update 関数が呼び出された後に実行されます。 これはスクリプトの実行順を決める時に便利です。例えばカメラを追従するには Update で移動された結果を基に常に LateUpdate で位置を更新する必要があります。

no example available in JavaScript
using UnityEngine;
using System.Collections;

public class ExampleClass : MonoBehaviour {

void LateUpdate () { transform.Translate(0, Time.deltaTime, 0); } }

LateUpdate を最後に呼び出した時からの経過時間を取得するには Time.deltaTime を使用します。 この関数は Behaviour が有効化されている場合のみ呼び出されます。 独自にコンポーネントの機能を加える場合、この関数をオーバーライドしてください。