Legacy Documentation: Version 2017.1 (Go to current version)
言語English
  • C#
  • JS

Script language

Select your preferred scripting language. All code snippets will be displayed in this language.

MonoBehaviour.LateUpdate()

フィードバック

ありがとうございます

この度はドキュメントの品質向上のためにご意見・ご要望をお寄せいただき、誠にありがとうございます。頂いた内容をドキュメントチームで確認し、必要に応じて修正を致します。

閉じる

送信に失敗しました

なんらかのエラーが発生したため送信が出来ませんでした。しばらく経ってから<a>もう一度送信</a>してください。ドキュメントの品質向上のために時間を割いて頂き誠にありがとうございます。

閉じる

キャンセル

マニュアルに切り替える

説明

Behaviour が有効の場合、LateUpdate は毎フレーム呼びだされます

LateUpdate は Update 関数が呼び出された後に実行されます。 これはスクリプトの実行順を決める時に便利です。例えばカメラを追従するには Update で移動された結果を基に常に LateUpdate で位置を更新する必要があります。

LateUpdate を最後に呼び出した時からの経過時間を取得するには Time.deltaTime を使用します。 この関数は Behaviour が有効化されている場合のみ呼び出されます。 独自にコンポーネントの機能を加える場合、この関数をオーバーライドしてください。

no example available in JavaScript
using UnityEngine;
using System.Collections;

public class ExampleClass : MonoBehaviour { void LateUpdate() { transform.Translate(0, Time.deltaTime, 0); } }