Legacy Documentation: Version 2017.1 (Go to current version)
言語English
  • C#
  • JS

Script language

Select your preferred scripting language. All code snippets will be displayed in this language.

Camera.ScreenPointToRay

フィードバック

ありがとうございます

この度はドキュメントの品質向上のためにご意見・ご要望をお寄せいただき、誠にありがとうございます。頂いた内容をドキュメントチームで確認し、必要に応じて修正を致します。

閉じる

送信に失敗しました

なんらかのエラーが発生したため送信が出来ませんでした。しばらく経ってから<a>もう一度送信</a>してください。ドキュメントの品質向上のために時間を割いて頂き誠にありがとうございます。

閉じる

キャンセル

マニュアルに切り替える
public function ScreenPointToRay(position: Vector3): Ray;
public Ray ScreenPointToRay(Vector3 position);

説明

スクリーンの点を通してカメラからカメラからレイを通します。

結果として得られたレイはワールド空間でカメラの近平面から始まり スクリーンの位置( x, y )ピクセル座標に向けて向かいます。( position.z は無視されます。)

スクリーンスペースはピクセルで定義されています。左下の画面が(0, 0)、右上が( pixelWidthpixelHeight )です。

no example available in JavaScript
// Draws a line in the scene view going through a point 200 pixels
// from the lower-left corner of the screen
using UnityEngine;
using System.Collections;

public class ExampleClass : MonoBehaviour { Camera cam;

void Start() { cam = GetComponent<Camera>(); }

void Update() { Ray ray = cam.ScreenPointToRay(new Vector3(200, 200, 0)); Debug.DrawRay(ray.origin, ray.direction * 10, Color.yellow); } }