public void Blit (Texture source, Rendering.RenderTargetIdentifier dest);
public void Blit (Texture source, Rendering.RenderTargetIdentifier dest, Material mat);
public void Blit (Texture source, Rendering.RenderTargetIdentifier dest, Material mat, int pass);
public void Blit (Rendering.RenderTargetIdentifier source, Rendering.RenderTargetIdentifier dest, Material mat, int pass);

パラメーター

source Blit するソーステクスチャやレンダーターゲット
dest Blit する Destination
mat 使用するマテリアル
pass 使用するシェーダーパス (デフォルトは -1、意味は"すべてをパス")。

説明

"blit into a render texture" コマンドを追加します。

Graphics.Blit に似ています。主にカスタムシェーダーを使用し、1つのテクスチャから別のものにコピーします。

ソーステクスチャやレンダーターゲットは "_MainTex" プロパティーとしてマテリアルに渡されます。

使用するレンダーテクスチャはいくつかの方法で示すことができます。 RenderTexture オブジェクト、GetTemporaryRT で作成された一時的なレンダーテクスチャや一時的な組み込みテクスチャ (BuiltinRenderTextureType) の1つなどです。 Implicit 変換演算子を持つ RenderTargetIdentifier 構造体で示されるすべての入力を保存します。

Blit は現在アクティブなレンダーターゲットを変えるということに気を付けてください。Blit を実行した後では、dest がアクティブなレンダーターゲットになります。

See Also: GetTemporaryRT, RenderTargetIdentifier.