アニメーターコントローラー
Animator ウィンドウ

アニメーターコントローラー アセット

アニメーションクリップの準備が整ったら、 Animator Controller が必要です。 Unity 内部で生成される Animator Controller アセットを使うことによって、キャラクターやオブジェクトのアニメーションセットを保持することができるようになります。

Project フォルダー内のアニメーターコントローラー
Project フォルダー内のアニメーターコントローラー

アニメーターコントローラーは Assets メニューや、Project ウィンドウの Create メニューから作成できます。

多くの場合、ゲームの状況にあわせて複数のアニメーションを切り替えることが普通です。例えば、スペースキーが押されたら、歩きのアニメーションからジャンプに切り替えるようなことがあります。とは言え、たとえアニメーションクリップが一つしかない場合でも、ゲームオブジェクトで使うためにはアニメーターコントローラーに登録する必要があります。

コントローラーは、さまざまなアニメーションのステートやステート間の遷移を管理するために、いわゆる State Machine を使用します。これは、一種のフローチャートとも、 Unity に含まれるビジュアル・プログラミング言語で書かれた簡単なプログラムとも考えることができます。ステートマシンに関する詳しい情報は こちらで参照してください。アニメーターコントローラーの作成、表示、編集は Animator ウィンドウ を参照してください。

シンプルなアニメーターコントローラー
シンプルなアニメーターコントローラー

アニメーターコントローラーは、それを参照している Animator コンポーネントをアタッチすることによって、最終的にオブジェクトに適用されます。使い方の詳細は、リファレンスマニュアルの Animator コンポーネントと Animator Controller を参照してください。

アニメーターコントローラー
Animator ウィンドウ