Platform Effector 2D
Physics 2D Raycaster

Surface Effector 2D

Surface Effector 2D は、コライダー表面にある接線の力で、サーフェイス上に設定されている速度に一致させるために、エフェクターが利用します。コンベヤベルトに類似しています。

エフェクターとともに使用するコライダーは一般的に非トリガーとして使います。そのため、他のコライダーがサーフェイスと接触できるようになります。

Surface Effector 2D のインスペクター
Surface Effector 2D のインスペクター

プロパティー

プロパティー 機能
Use Collider Mask Collider Mask プロパティーを使用するか。チェックを外している場合、グローバルコリジョンマトリクスがデフォルトのものとしてすべてのコライダーに使用されます。
Collider Mask マスクはエフェクターを作用させるレイヤーを指定するのに使用します。
Speed 表面で維持される速度
Speed Variation ランダムに増加する速度(0 からSpeed Variation の間のいずれかの値)が Speed に適用されます。この値が負の値であれば、ランダムな速度減少が適用されます。
Force Scale エフェクターが表面に沿って特定の速度を出そうとするときに適用される力をスケーリングできます。0 の場合、力は適用されず、事実上エフェクターは無効になります。1 の場合、力はすべて適用されます。ターゲットオブジェクトの速度はこの値を低くすると遅く、高くすると速くなると考えられます。しかし、すべての力を適用するとジャンプや移動の力など、ターゲットオブジェクトに適用される他の力を容易に妨害してしまうことに注意してください。このような理由で、この値は 1 以下にするといいでしょう。
Use Contact Force 表面と対象コライダーとで触れた点に力を適用するか。接触力を使用すると、ターゲットオブジェクトが回転する可能性があります。
Use Friction 接触している表面に摩擦力を使用するか。
Use Bounce 接触している表面に弾力を使用するか。
Platform Effector 2D
Physics 2D Raycaster