Version: 2022.2
言語: 日本語
Setting Up Legacy Analytics
Overview

Legacy Analytics Dashboard

Note: Gaming Services Analytics is now available as a preview package. Gaming Services Analytics is an improved offering that allows you to easily understand game performance and player behaviors so you can make strategic decisions. Check out the documentation.

Unity Analytics Service のウェブダッシュボードでは以下を行うことができます。

  • Analytics データの可視化
  • データのセグメンテーションと解析
  • ライブ操作
  • Unity Analytics の設定

Analytics のダッシュボードには以下の目的をもつ複数のページがあります。

Analytics セクション

  • Overview – Analytics のデータから得られる一般的な主要パフォーマンスをあらかじめ設定された可視化で表示します。
  • Data Explorer – Analytics データのレポートを作成、表示、エクスポートします。
  • Funnel Analyzer – ファネルを作成して、ゲーム内でのプレイヤーの進行状態とビヘイビアを分析します。
  • Segment Builder – カスタムのセグメントを定義して、プレイヤーの特徴による分類を定義します。
  • Raw Data Export – 未処理のイベントデータをエクスポートします。(Pro のサブスクリプションが必要)
  • Event Manager – カスタムイベントを一覧にして管理します。
  • Market Insights – Unity ゲームをプレイするために使用されるコンピューターハードウェアの動向をリサーチします。

Optimization セクション

  • A/B Testing – (オープンベータ) Remote Settings に基づいてA/Bテストを行います。
  • Remote Settings – アプリケーション変数をリモートで、かつ、アプリケーションの更新なしで変更します。Remote Settings はダッシュボードの Optimization セクションにあります。

Settings セクション

  • Configure – プロジェクトの Analytics の設定。Configure ページは、ダッシュボードの Settings > Analytics Settings にあります。

  • 2018–08–23 公開ページ
  • Unity 2017.1 の新機能 公開ページ
Setting Up Legacy Analytics
Overview