Version: 2021.3
言語: 日本語
Unity での HLSL
HLSL の include と include_with_pragmas ディレクティブ

HLSL のプリプロセッサーディレクティブ

内部的には、シェーダのコンパイル には複数の段階があります。最初の段階は 前処理 で、プリプロセッサーと呼ばれるプログラムがコンパイルのためにコードを準備します。プリプロセッサーディレクティブ はプリプロセッサーのための命令です。

マニュアルのこのセクションでは、HLSL プリプロセッサーディレクティブを使った Unity 固有の作業方法と、Unity に固有の HLSL プリプロセッサーディレクティブに関する情報を提供します。このセクションには、HLSL がサポートするすべてのプリプロセッサーディレクティブを網羅するドキュメントや、HLSL のプリプロセッサーディレクティブの使用に関する一般的な情報は含まれていません。これらの情報については、HLSL の プリプロセッサーディレクティブ (HLSL) のドキュメントを参照してください。

ページ 説明
HLSL の include と include_with_pragmas ディレクティブ HLSL の #include と Unity 固有の #include_with_pragmas ディレクティブの使い方について。
HLSL の pragma ディレクティブ HLSL の #pragma ディレクティブの使い方について。
HLSL のシェーダーモデルと GPU 機能の特定 #pragma ディレクティブを使って、シェーダーが特定の GPU 機能を必要とすることを示します。
HLSL のグラフィックス API とプラットフォームの特定 #pragma ディレクティブを使って、シェーダーが特定のグラフィックス API とプラットフォームを必要とすることを示します。
HLSL のシェーダーキーワードの宣言と使用 #pragma ディレクティブを使って、シェーダーキーワードと #if ディレクティブを宣言し、コードがシェーダーキーワードの状態に依存することを示します。
Unity での HLSL
HLSL の include と include_with_pragmas ディレクティブ