Version: 2020.2

CameraEditor

class in UnityEditor

/

継承:Editor

マニュアルに切り替える

説明

Unity Camera Editor.

This is the Unity Camera Editor class. If you want to write your own custom Camera Editor you can extend this class and override the OnInspectorGUI function.

変数

settingsSettings for the camera editor.

Public 関数

OnDestroySee ScriptableObject.OnDestroy.
OnDisableSee ScriptableObject.OnDisable.
OnEnableSee ScriptableObject.OnEnable.
OnInspectorGUI Editor.OnInspectorGUIを参照してください。
OnSceneGUISee Editor.OnSceneGUI.

継承メンバー

変数

serializedObjectobject や objects の SerializedObject
targetターゲットとなるオブジェクト
targets複数選択された場合のターゲットとなるオブジェクト群
hideFlagsShould the object be hidden, saved with the Scene or modifiable by the user?
nameオブジェクト名

Public 関数

CreateInspectorGUIImplement this method to make a custom UIElements inspector.
DrawDefaultInspectorDraws the built-in inspector.
DrawHeaderEditor のヘッダーを描画するためにはこの関数を呼び出します。
DrawPreviewプレビュー描画するための最初のエントリーポイントです。
GetInfoStringプレビューにアセットの情報を表示するにはこのメソッドを使用します。
GetPreviewTitleプレビューのタイトルを変更したい場合はこのメソッドをオーバーライドします。
HasPreviewGUI OnPreviewGUI を実装する場合は、サブクラスでこのメソッドをオーバーライドします。
OnInteractivePreviewGUI自身のカスタムのインタラクティブなプレビューを作成するために実装します。カスタムのインタラクティブなプレビューはインスペクター上のプレビューエリアとオブジェクト選択ツールで使用されます
OnPreviewGUIImplement to create your own custom preview for the preview area of the inspector, the headers of the primary editor, and the object selector.
OnPreviewSettingsプレビューのヘッダーを自由にカスタマイズしたい場合にオーバーライドして使用します。
RenderStaticPreviewOverride this method if you want to render a static preview.
RepaintRedraw any inspectors that shows this editor.
RequiresConstantRepaintChecks if this editor requires constant repaints in its current state.
UseDefaultMarginsデフォルトのマージンを取らせたくない場合、Editor を継承したクラスでメソッドをオーバーライドし、false を返すようにします
GetInstanceIDオブジェクトのインスタンス ID を返します
ToStringReturns the name of the object.

Protected 関数

ShouldHideOpenButtonReturns the visibility setting of the "open" button in the Inspector.

Static 関数

CreateCachedEditorOn return previousEditor is an editor for targetObject or targetObjects. The function either returns if the editor is already tracking the objects, or destroys the previous editor and creates a new one.
CreateCachedEditorWithContextCreates a cached editor using a context object.
CreateEditor targetObject や複数の targetObjects のためのカスタムエディターを作成します。
CreateEditorWithContextMake a custom editor for targetObject or targetObjects with a context object.
DrawFoldoutInspectorDraws the inspector GUI with a foldout header for target.
DestroyRemoves a GameObject, component or asset.
DestroyImmediateDestroys the object obj immediately. You are strongly recommended to use Destroy instead.
DontDestroyOnLoadDo not destroy the target Object when loading a new Scene.
FindObjectOfTypeタイプ type から最初に見つけたアクティブのオブジェクトを返します
FindObjectsOfTypeGets a list of all loaded objects of Type type.
Instantiateoriginal のオブジェクトをクローンします
CreateInstanceScriptableObject のインスタンスを作成します。

Operator

boolオブジェクトが存在するかどうか
operator !=二つのオブジェクトが異なるオブジェクトを参照しているか比較します
operator ==2つのオブジェクト参照が同じオブジェクトを参照しているか比較します。

メッセージ

HasFrameBoundsValidates whether custom bounds can be calculated for this editor.
OnGetFrameBoundsGets custom bounds for the target of this editor.
Awake ScriptableObject スクリプトを開始するとき、この関数は呼び出されます。
OnValidateThis function is called when the script is loaded or a value is changed in the Inspector (Called in the editor only).
Resetデフォルト値にリセットします

Events

finishedDefaultHeaderGUIAn event raised while drawing the header of the Inspector window, after the default header items have been drawn.