public static Object ObjectField (Object obj, Type objType, bool allowSceneObjects, params GUILayoutOption[] options);
public static Object ObjectField (string label, Object obj, Type objType, bool allowSceneObjects, params GUILayoutOption[] options);
public static Object ObjectField (GUIContent label, Object obj, Type objType, bool allowSceneObjects, params GUILayoutOption[] options);

パラメーター

labelフィールドのラベル
objフィールドを表示するオブジェクト
objType割り当てることができるオブジェクトの型
allowSceneObjectsシーンのオブジェクトを割り当てることを許可します。詳しくは Description を参照してください。
options指定してレイアウトオプションを渡すときのレイアウトオプションのリスト。ここで設定したものは style によって設定された値を上書きします。See Also: GUILayout.Width, GUILayout.Height, GUILayout.MinWidth, GUILayout.MaxWidth, GUILayout.MinHeight, GUILayout.MaxHeight, GUILayout.ExpandWidth, GUILayout.ExpandHeight.

戻り値

Object ユーザーによって設定された値

説明

任意のオブジェクトの Type を表示するフィールドを作成します。

オブジェクトをドラッグアンドドロップするか Object Picker を使用してオブジェクトを選択するかのいずれかでオブジェクトを割り当てることができます。

アセットがシーン内のオブジェクトへのリファレンスを格納できないとき、オブジェクトリファレンスがアセットの一部として格納されている場合、 AllowSceneObjects パラメーターが False であることを確認します。

ObjectField がスクリプトコンポーネントのカスタムの Editor の一部の場合、アセットやシーンブジェクトのコンポーネントの場合、チェックするために EditorUtility.IsPersistent() を使用します。

詳細は Editor クラスの例を参照してください。


Search for a help page by selecting the GameObject in the Object Field.

// EditorScript that quickly searches for a help page
// about the selected Object.
//
// If no such page is found in the Manual it opens the Unity forum.

using UnityEditor; using UnityEngine; using System.Collections;

public class ExampleClass : EditorWindow { public Object source;

[MenuItem("Example/ObjectField Example _h")] static void Init() { var window = GetWindowWithRect<ExampleClass>(new Rect(0, 0, 165, 100)); window.Show(); }

void OnGUI() { EditorGUILayout.BeginHorizontal(); source = EditorGUILayout.ObjectField(source, typeof(Object), true); EditorGUILayout.EndHorizontal();

if (GUILayout.Button("Search!")) { if (source == null) ShowNotification(new GUIContent("No object selected for searching")); else if (Help.HasHelpForObject(source)) Help.ShowHelpForObject(source); else Help.BrowseURL("http://forum.unity3d.com/search.php"); } } }

public static void ObjectField (SerializedProperty property, params GUILayoutOption[] options);
public static void ObjectField (SerializedProperty property, GUIContent label, params GUILayoutOption[] options);
public static void ObjectField (SerializedProperty property, Type objType, params GUILayoutOption[] options);
public static void ObjectField (SerializedProperty property, Type objType, GUIContent label, params GUILayoutOption[] options);

パラメーター

propertyThe object reference property the field shows.
objType割り当てることができるオブジェクトの型
labelOptional label in front of the field. Pass GUIContent.none to hide the label.
options指定してレイアウトオプションを渡すときのレイアウトオプションのリスト。ここで設定したものは style によって設定された値を上書きします。
See Also: GUILayout.Width, GUILayout.Height, GUILayout.MinWidth, GUILayout.MaxWidth, GUILayout.MinHeight, GUILayout.MaxHeight, GUILayout.ExpandWidth, GUILayout.ExpandHeight.

説明

任意のオブジェクトの Type を表示するフィールドを作成します。

Obsoleted